福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 11月の日本昔話 >火鉢の餅

11月28日の日本の昔話

いろりの餅

火鉢の餅
和尚と小僧の笑い話

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、ある山寺に、和尚さんととんちのきく小僧さんがいました。

 ある日の事、村のお百姓さんが、お寺にお餅を持って来ました。
「和尚さま、これを、仏さまにお供えください」
「これはこれは、ありがたい。さっそく、仏さまに供えましょう」
 お餅が大好きな和尚さんは、大喜びです。
 そしてこのお餅を一人で全部食べようと思った和尚さんは、しばらくすると小僧さんを呼んで言いました。
「今日はいい天気だから、馬屋の掃除をしてきておくれ」
「・・・はい」
 馬屋の掃除は、昨日したばかりです。
 おかしいと思った小僧さんは、
(ははーん。これはきっと、いつもの様に一人でお餅を食べるつもりだな。よし、確かめてやる)
と、裏口から中の様子をのぞいて見ると、思った通り、和尚さんは火鉢の上にあみをのせて、お餅を焼いていたのです。
(やっぱりだ。それにしても、おいしそうなお餅だな。食べたいな・・・。そうだ、良い方法があるぞ!)
 名案を思いついた小僧さんは、馬屋の方に駆け出しました。

 その頃、お餅の焼けるいいにおいに、和尚さんはニコニコ顔です。
「しめしめ。これで安心じゃわい。小僧がいては、安心して餅も食えんからな。さあ、そろそろ焼けてきたぞ。うーん。うまそうなにおいじゃ」
 すると突然、小僧さんの声がしました。
「和尚さま、大変です! 大変です!」
「なんじゃ、騒々しい。ちょっと待て」
 和尚さんは、あわててお餅を灰の中に隠しました。
 そこへ小僧さんが、勢いよく飛び込んで来ました。
「どうした? そんなにあわてて」
「はい。馬小屋の掃除をしようと思って、馬を馬小屋から引き出して庭のカキの木に」
 そう言いながら小僧は、火ばしを火鉢の灰の中にブスリと突き立てました。
「カキの木に、馬をつなぎました」
 そして火ばしを持ち上げると、火ばしの先にはお餅が突き刺さっています。
「あれ、お餅が、こんなところに?」
「ああ、それはその・・・。馬小屋の掃除がすんだら、お前にも食べさせてやろうと思ってな」
 和尚さんは、仕方なしに言いました。
「そうですか。ありがとうございます。・・・そうそう、ところが馬は何に驚いたのか、つないだつなを切って、パッパッと駆け出しました」
 小僧さんはもう一本の火ばしを取って、パッパッと灰の中に突き立てました。
 するとこの火ばしにも、またまたたくさんのお餅が突き刺さりました。
「あれ、あれ、こんなにたくさん、ありがとうございます。では、いただきまーす!」
 小僧さんはおいしそうに、パクパクとお餅をたいらげました。
「それで、逃げた馬はどうした?」
「それがまだ、逃げたままです」
「何じゃと、こりゃ大変じゃ! 餅を食われた上に、馬にまで逃げられてはたまらん!」
 和尚さんは、あわてて飛び出していき、小僧はさんそのすきにお餅を全部食べてしまいました。

おしまい

前のページへ戻る


     11月28日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
太平洋記念日
きょうの誕生花
サンダーソニア(Sandersonia)
きょうの誕生日・出来事
1969年 堀内健 (芸人)
恋の誕生日占い
おとなしそうですが、実はかなりのおてんば娘
なぞなぞ小学校
お寺から聞こえる音は?
あこがれの職業紹介
税理士
恋の魔法とおまじない 333
秘密を人に話さないおまじない
  11月28日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
火鉢の餅
きょうの世界昔話
宝を迎える村人たち
きょうの日本民話
お雪の伊勢参り
きょうのイソップ童話
一緒に旅をするロバとイヌ
きょうの江戸小話
くじらの絵
きょうの百物語
タバコ入れの中のお守り
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識