福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 2月の百物語 > 馬にされた若者

2月4日の百物語

馬にされた若者

馬にされた若者

 むかしむかし、和尚さんが六人の若者を連れて山道を歩いていました。
 ところがどこで道を間違えたのか山は深くなるばかりで、とうとう日が暮れてしまいました。
「弱ったぞ。こんなところでは、野宿も出来ないし」
 そう思ってふと前を見ると、遠くに家の明かりが見えました。
「しめた。今夜はあそこで泊めてもらおう」
 和尚さんたちが先に進むと、一軒のあばら屋がたっていました。
 中をのぞくとおじいさんが一人いて、いろりに火をたいています。
「旅の者だが、道に迷って困っておる。どうか今夜一晩、泊めていただけぬか?」
 和尚さんが言うと、おじいさんはにっこり笑って、
「そりゃ、お困りじゃろ。こんな山の中なので、大したお世話も出来ぬが、とにかくあがりくだされ」
と、七人をいろりのそばに座らせて、どんどんまきをくべてくれました。
「いやー、助かりました」
 七人はほっとして、顔を見合わせました。
 すると、おじいさんがいろりにおかゆのなべをかけて、
「おいしいおかゆをつくってやろう。ちょっと待っていてくれ」
と、言って、隣の部屋へ行ってしまいました。
 その時、おじいさんがにやっと笑ったのです。
(なんだか、あやしいぞ)
 そう思った和尚さんは、戸のすきまから隣の部屋をのぞいてみました。
 するとおじいさんは、たらいの中へ土を入れ、種らしい物をぱらぱらとまいて、その上からむしろをかぶせました。
(はて? 何をしているのだ?)
 和尚さんが注意深く見ていると、おじいさんはすぐにむしろをとりました。
 すると不思議な事に、今さっき種をまいたばかりなのに、たらいの中には青々とした菜っ葉がはえていたのです。
 おじいさんはその菜っ葉をつみとりながら、小さな声でつぶやきました。
「ひっひひひひ。今日は良い日だ。一度に七頭も手に入るとはな」
 和尚さんはあわてて戸のそばを離れると、いろりのそばに座りました。
 それと同時に、菜っ葉を手にしたおじいさんが入って来て、
「そろそろ、おかゆもたけた頃だな。おかゆに菜っ葉を入れてやろう」
と、おじいさんは、なべの中に菜っ葉を入れてかき混ぜました。
「さあ、さあ、どんどん食べておくれ」
 おじいさんがおかゆを差し出すと、お腹を空かせていた若者たちは和尚さんが止めるひまもなく、おかゆを食べ始めました。
「さあ、和尚さんも、遠慮せず食べてくれ」
「はあ」
 おじいさんがしきりにすすめるので、和尚さんは食べるふりをして、おかゆをみんなふところの鉢(はち)の中へ捨てました。
「いやあ、うまかった」
「ああっ、こんなにうまいおかゆは初めてだ」
 おかゆをたらふく食べた若者たちは、すっかり満足した様子です。
「それはよかった。では、風呂がわいているから入ってくれ。せまい風呂だから、一人ずつ順番にな」
「おじいさん、何から何まですまないな。では、遠慮なく入らせてもらおう」
 まず最初に、若者の一人が風呂へ入る事になりました。
 おじいさんと一緒に若者の一人が出て行くと、和尚さんはこっそり二人の後をつけて物置のかげにかくれました。
 そして、着物を脱いだ若者が風呂場に入ったとたん、
「ひひひいーん」
と、馬の鳴き声が聞こえたのです。
 風呂場の外で待っていたおじいさんは風呂場へ飛び込みと、一頭の馬を風呂場から引き出しました。
「どうどう。今さら人間には戻れぬのじゃ。あきらめるがよい」
 おじいさんはそう言いながら、馬を馬小屋へ連れて行きました。
(まさか!)
 びっくりした和尚さんはいそいでいろりのそばに戻ると、若者たちに風呂場での事を話しました。
 けれど、若者たちに、
「そんな馬鹿な。何かの見間違えですよ」
「そうですよ。あんなに親切な人を悪く言うなんて」
と、誰も信じてくれません。
 やがておじいさんは若者たちを次々と風呂場に連れて行っては、若者たちを馬に変えては馬小屋につなぎました。

「あとは、坊主が一人か」
 おじいさんが戻ってみると、いろりのそばにいた和尚さんがいません。
 その頃、和尚さんはあばら屋を逃げ出して、山の中を走っていたのです。
「さては、気づかれたか」
 するとおじいさんは、みるみる鬼の姿に変身して、
「やい、和尚! 待たぬか!」
と、恐ろしい声で叫びながら、和尚さんを追いかけました。
 和尚さんは死に物狂いで走りましたが、まっ暗な山の中では、どこへ行けばよいのかわかりません。
「待てえー! 待てえー!」
 鬼の声は、すぐ後ろから聞こえてきます。
「ああ、もう駄目だ」
 和尚さんは思わずしゃがみ込むと、必死にお経をとなえました。
「なむあみだぶつ、なむあみだぶつ、なむあみだぶつ、なむあみだぶつ・・・」
 すると夜が明けて、東の空から日が登ってきたのです。
「何! もうそんな時間か! くそっ、あと少しだというのに!」
 鬼はくやしがりましたが、仕方なく帰って行きました。

おしまい

前のページへ戻る


     2月 4日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
銀閣寺の日
きょうの誕生花
椿(つばき)
きょうの誕生日・出来事
1953年 山下達郎 (シンガー)
恋の誕生日占い
自分の思った通りに行動する
なぞなぞ小学校
交差点の周りに出来る『まち』は?
あこがれの職業紹介
ベビーシッター
恋の魔法とおまじない 035
おならをがまんするおまじない
  2月 4日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
頭の池
きょうの世界昔話
マウイの仕事
きょうの日本民話
尻鳴りしゃもじ
きょうのイソップ童話
近所に住む2匹のカエル
きょうの江戸小話
ほどほどに
きょうの百物語
馬にされた若者
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識