福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 3月の百物語 > 幽霊屋敷

3月7日の百物語

幽霊屋敷

幽霊屋敷
東京都の民話東京都情報

 むかしむかし、江戸(えど→東京都)の深川(ふかがわ)に、幽霊(ゆうれい)が出るという屋敷がありました。
 とても広くて立派な屋敷ですが、そこに住むどころか近づく人もほとんどいません。

 ある日、この幽霊屋敷の話を聞いた一人の若い(さむらい)が、
「そいつはありがたい。静かな家が欲しかったところだ」
と、喜んで引っ越したのです。

 その夜、侍が奥の部屋で勉強をしていると、 どこからともなく女のすすり泣きが聞こえて来ました。
「よし、おいでなすったな」
 侍は怖がるどころかローソクを持って、屋敷中の部屋を調べました。
 しかしどの部屋にもあやしいものはなく、ただ、シクシクと泣く声が聞こえるだけです。
「なんだ、声だけの幽霊か。・・・うん?」
 侍が、ふと壁を見ると、壁には二つの影がローソクの光にゆれています。
 一つは自分の影ですが、もう一つはどうやら女の人の影の様です。
 自分が歩けば女の影も歩き、自分が止まれば女の影も止まります。
 奥の部屋に戻ると、女の影もシクシク泣きながらついて来ました。
 侍は腰を下ろすと、女の影に声をかけました。
「おい、幽霊さん。そう泣いてばかりおらんで、姿を現したらどうだね」
 すると侍の前に、スーッと一人の女が現れました。
 まるで本物の人間の様ですが、よく見てみると女の顔には目がありません。
「いや、よく出てくれた。せっかくだから、一緒にお茶でも飲もう。すまないが、お茶をいれてくれんか」
 女の幽霊は、だまってカガミの前に行きました。
(なるほど。幽霊とはいえ、やはり女だな)
 幽霊は髪の毛をといて、ほんのり口紅をつけると、お茶を持って来ました。
 そしてお茶を侍の前に置くと、スーッとそのまま消えてしまいました。

 次の夜、女の幽霊が部屋の中にスーッと入ってきました。
 そして部屋のすみで、ジッと立っています。
 それに気がついた侍は、幽霊に言いました。
「こら、幽霊とはいえ、礼儀(れいぎ)を守りなさい。人の部屋に入る時は、ちゃんと声をかけなさい」
 すると幽霊は、恥ずかしそうに、
「・・・はい」
と、言って、スーッと消えてしまいました。

 その次の晩、侍は仕事で夜遅くに帰って来ました。
 部屋の中に入ると、幽霊が部屋のすみでネコの様に丸まって眠っていました。
「ほほう、あんまり遅かったので、待ちくたびれたみえるな。どれ、毎晩来てくれるお礼に、目をかいてしんぜよう」
 侍は筆とすみを用意すると、小さな寝息を立てる幽霊の顔に、きれいな目を二つかいてやりました。
(うむ、我ながら見事な出来だ。気に入ってくれると良いが)
 そして侍は、今帰って来たかの様に声をかけました。
「幽霊さん、仕事で遅くなってすまなかった。すまんが、ちょいと肩をたたいてくれないか」
 その声に目を覚ました幽霊は、恥ずかしそうに起き上がると、いつもの様にカガミの前へ行きました。
 そして鏡の中を見たとたん、
「キャーッ!」
と、声をあげて、消えてしまいました。

 それっきり幽霊は、二度と現れなかったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     3月7日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
消防記念日
きょうの誕生花
風鈴草(ふうりんそう)
きょうの誕生日・出来事
1989年 永山 絢斗 (タレント)
恋の誕生日占い
小説や漫画など空想の世界が大好き
なぞなぞ小学校
強い方が後ろに下がる競技は?
あこがれの職業紹介
水族館飼育員
恋の魔法とおまじない 067
初雪で行う恋のおまじない
  3月7日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
なぞかけの焼きいも屋
きょうの世界昔話
命のランプ
きょうの日本民話
わらびの恩
きょうのイソップ童話
自分の影に得意になったオオカミとライオン
きょうの江戸小話
字の読めぬ犬
きょうの百物語
幽霊屋敷
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識