福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 3月の百物語 > あどけない目

3月9日の百物語

あどけない目

あどけない目
東京都の民話東京都情報

※本作品は、読者からの投稿作品です。 投稿希望は、メールをお送りください。→連絡先

投稿者 「つれづれ居士」  つれづれ居士

※本作品は、読者からの投稿作品です。 投稿希望は、メールをお送りください。→連絡先

投稿者 「櫻井園子」  櫻井園子エス代表 《櫻井園子キャンドルWEB販売》

♪音声配信(html5)
朗読 : 佐々木久美子

 むかしむかし、江戸(えど→東京都)の本所(ほんじょ)のいろは長屋に、二人の浪人(ろうにん)が隣り合わせに住んでいました。
 一人は榎左門(えのきさもん)といって、七つになる一人娘と静かに暮らしていました。
 もう一人の浪人は林田重三郎(はやしだじゅうざぶろう)といって妻と二人暮らしでしたが、妻からは早く仕官(しかん→役人になること)する様にと毎日の様に言われていました。

 ある日の事、そんな二人に、仕官の声がかかったのです。
 でもそれは、殿さまの御前(ごぜん→位の高い人の前)で試合をして、勝った方だけを仕官するというものでした。
 これを聞いた重三郎(じゅうざぶろう)の妻は、大喜びです。
 何しろ夫は、隣の左門(さもん)よりもずっと強いからです。
「あなたさまの勝ちは、間違いありませんね」
「うむ。だが、万一の事がない様にせねば」
 重三郎(じゅうざぶろう)は試合の日まで、ただひたすら稽古(けいこ)を続けました。

 さて、いよいよ試合の日。
 重三郎と左門は、木刀を持って殿さまの御前で向かい合いました。
 重三郎は自分の勝利を確信しており、すでに祝いの準備を妻に命じています。
 一方の左門は勝ち負けにこだわらず、武士として恥ずかしくない試合をしようと思っていました。
「では、始め!」
 合図と同時に、二人は木刀を振り下ろしました。
 その結果は、人々の予想とは反対に、左門が勝利したのです。
 心のやさしい左門は、
「友だちでありながら、この様な事になって・・・」
と、負けた重三郎に頭を下げました。
「くっ、くそ・・・・・・」
 負けた重三郎は、左門がにくくてたまりません。

 そして仕返しを考えた重三郎は、
(そうだ。左門がなにより大事にしている、あの一人娘を殺してやろう)
と、左門の留守に娘を連れ出すと、人気のない森の中へ連れ込みました。
「お父さまが、森の向こうで待っているの? おじさま」
 たずねる娘に重三郎はを抜くと、いきなり小さな娘の両腕を切り落として、心臓に刀を突き刺すと知らん顔で長屋に帰ったのです。
 ところが家に入ったとたん、重三郎の顔が真っ青になりました。
 なんと自分の妻が、血まみれになって倒れているのです。
 それもちょうど自分が娘にやった様に両腕を切り落とされて、心臓を刀で突き刺されているのです。

 重三郎はその日のうちに、妻殺しの罪で役人に捕まりました。
 そして刑場(けいじょう)へひかれていく途中、重三郎は自分の目を疑いました。
 大勢の人だかりの中に、父親の左門に手を引かれて、あの娘が自分を見つめているのです。
「ああ、おれはなんとあさましい事をしたのだ。人をうらむと、それは自分にかえってくるのか」
 重三郎は処刑される前に、そう言ったそうです。

おしまい

前のページへ戻る

     3月9日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
レコード針の日
きょうの誕生花
馬酔木(あせび)
きょうの誕生日・出来事
1962年 木梨憲武 (タレント)
恋の誕生日占い
人を楽しませて幸せな気持ちにさせる
なぞなぞ小学校
傷口が治る時に現れる豚は?
あこがれの職業紹介
乗馬インストラクター
恋の魔法とおまじない 069
大切な人との再会を願うおまじない
  3月9日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
サザエ売り
きょうの世界昔話
青ガエルの妖精
きょうの日本民話
塩買い大黒
きょうのイソップ童話
牛追いとヘラクレス
きょうの江戸小話
走る名人
きょうの百物語
あどけない目
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識