福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 3月の世界昔話 >青ガエルの妖精 フランスの昔話

3月9日の世界の昔話

お月さまに行ったウサギ

青ガエルの妖精
フランスの昔話フランスの情報

♪音声配信(html5)
音声 あっきー(鹿角きりたんぽFM

♪音声配信(html5)
音声 ゲスト参加   ※一部、朗読と文章に違いがあります。

 むかしむかし、大きな森の小さな家に、ウィルヘルムという男の子がお母さんと二人きりで住んでいました。
 ウィルヘルムの家はひどい貧乏なので、ウィルヘルムは学校へ行かずに森でたきぎを集めて、それを町へ売りに行ってお金にかえていました。

 ある日の事、ウィルヘルムがいつもの様に森の中でたきぎを集めていると、
「ぐえっ、ぐえっ」
と、カエルの鳴き声がしました。
 ウィルヘルムが鳴き声のする方へ行くと、大きなキツネが青ガエルを捕まえて、今にも食べようとしています。
「まて!」
 ウィルヘルムが大声を出すとキツネはびっくりして、青ガエルを置いたまま森の中へと逃げて行きました。
「危ないところだったね、大丈夫かい? ここは危険だから、ぼくと一緒に家においでよ」
 ウィルヘルムは青ガエルを上着のポケットに入れると、たきぎのたばをかついで家に帰りました。
「お母さん、この青ガエルを飼ってもいい?」
 ウィルヘルムはお母さんに、青ガエルがキツネに食べられそうになった事を話しました。
「そうね。飼ってもいいけど、ちゃんと世話をするのですよ。死なせたらかわいそうだから」
「はい」
 ウィルヘルムは大きなおけに水を入れると、その中で青ガエルを飼う事にしました。

 さて、それから不思議な事がおこりました。
 誰がいつ入れたのか、たんすの中からたくさんの金貨が出てきたのです。
 お母さんはそのお金で、ウィルヘルムを村の学校に行かせました。
 ウィルヘルムはとてもよく勉強が出来たので、村の学校を一番の成績で卒業すると都の学校に行き、とても立派な学者になりました。
(わたしたちが、こんなに幸せになれたのも、青ガエルのおかげだわ)
 お母さんはそう思って、ウィルヘルムのいない間も、青ガエルの世話を一生懸命しました。

 ある日の事、ウィルヘルムが久しぶりに自分の家へ戻って来ました。
 ウィルヘルムは、おけの中にいる青ガエルのところへ行って言いました。
「ぼくは、立派な学者になる事が出来たよ。さあ、お前もテーブルのそばへ来て、一緒に食事をしておくれ」
「ケロッ、ケロケロ」
 青ガエルはうれしそうに返事をすると、おけから飛び出しました。
 するとそのとたん、青ガエルは美しい娘さんに変わったのです。
 お母さんもウィルヘルムもびっくりしていると、娘さんが言いました。
「わたしは森の妖精です。
 一生懸命働いているあなたを見て、何かしてあげようと青ガエルに姿を変えていたのです。
 たんすの中へお金を入れたのは、わたしです。
 あなたは思った通りの、とてもやさしい人です」
 ウィルヘルムは、この娘さんをお嫁さんにして、お母さんと三人でいつまでも幸せに暮らしたそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     3月9日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
レコード針の日
きょうの誕生花
馬酔木(あせび)
きょうの誕生日・出来事
1962年 木梨憲武 (タレント)
恋の誕生日占い
人を楽しませて幸せな気持ちにさせる
なぞなぞ小学校
傷口が治る時に現れる豚は?
あこがれの職業紹介
乗馬インストラクター
恋の魔法とおまじない 069
大切な人との再会を願うおまじない
  3月9日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
サザエ売り
きょうの世界昔話
青ガエルの妖精
きょうの日本民話
塩買い大黒
きょうのイソップ童話
牛追いとヘラクレス
きょうの江戸小話
走る名人
きょうの百物語
あどけない目
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識