福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 3月の百物語 > ばめんの猫

3月18日の百物語

ばめんの猫

ばめんの猫
福井県の民話福井県情報

 むかしむかし、金津(かなず→福井県坂井郡 )の町の「ばめん」という宿屋に、三蔵(さんぞう)という名の加賀(かが→石川県)の大聖寺(だいしょうじ)の侍がやって来て、夜道を大聖寺まで帰る腹ごしらえをしていました。

 三蔵が、ふと、おかずの焼魚を見ると、何やら歯跡の様なものがついています。
「ふむ、誰かの食べ残しであろうか」
 三蔵が店の者に文句を言うと、奥からおかみさんが出て来て、
「大変申し訳ございません。実は最近、同じ様な事が何度も続き、ほとほと困っているのです」
と、謝りながら、すぐに別の物と取り替えてくれました。
 それからおかみさんは、三蔵の旅仕度に気付くと、
「牛の谷峠(やとうげ)辺りで、夜中に化け物が出るとの噂がありますので、どうかお気をつけてください」
と、声をかけました。

 宿屋を出た三蔵が牛の谷峠にさしかかると、暗闇に明々と灯りがついて、何匹もの猫たちが輪になって踊り狂っていました。
「これが、化け物の正体か」
 三蔵が素早く手裏剣(しゅりけん)を投げると、それが一匹の猫に命中して倒れました。
 すると怒り狂った他の猫たちが、
「フギャーー!」
と、いっせいに襲いかかって来たのです。
「むむっ」
 腕自慢の三蔵でも、一度にこれだけの数を相手には出来ません。
 三蔵はあわてて近くの木に登ると、下から登って来る猫を一匹ずつやっつけ始めました。
 それを見た猫の親分は、
「このままでは人間に勝てない。お前たち、『ばめんのばば』を呼びに行け!」
と、手下を金津の方へと向かわせました。

 やがてやって来たのは大きな赤猫で、頭に鉄の鍋をかぶっています。
 木を登って来た赤猫に三蔵が刀を振り下ろしますが、赤猫は鉄の鍋をかぶっているので平気です。
「ぬっ、こうなれば」
 三蔵は一本だけ残っていた手裏剣を取り出すと、鉄の鍋のすきまから見える赤猫の背中に投げました。
「フギャーー!!」
 手裏剣は見事に命中して、木から落ちた赤猫は他の猫と一緒に金津の方へ逃げて行きました。
「町へ戻ったか。・・・急ぐ旅だが、このまま見過ごすわけにはいかんな」
 三蔵は夜が明けるのを待って、再び宿屋の「ばめん」を訪れました。
 そして宿屋のおかみさんに事情を話すと、昨日の夜遅く、背中に怪我をしたおばあさんが泊まりに来たというのです。
「その部屋に案内してくれ」
 おかみさんにその部屋を案内してもらうと、三蔵は部屋の中へ飛び込みました。
 すると部屋には何十匹もの猫がいて、そのまん中に背中を怪我した赤猫がいたのです。
「化け猫め、成敗してくれる!」
 三蔵が刀を抜くと、猫たちはあわてて窓から飛び出して、山へと逃げて行きました。

 その後、宿屋の焼き魚に歯跡がつく事も、谷峠に化け物が現れる事もなくなりましたが、赤猫のたたりを恐れた町の人たちは宮を建てて、猫たちをまつったという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     3月18日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
精霊の日
きょうの誕生花
土佐水木(とさみずき)
きょうの誕生日・出来事
1989年 西野 カナ (歌手)
恋の誕生日占い
大人しく恥ずかしがり屋だけど、正義感が強い
なぞなぞ小学校
思わず笑ってしまう食べ物は?
あこがれの職業紹介
ハーバリスト
恋の魔法とおまじない 078
禍いから身を守るおまじない
  3月18日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
忠犬ハチ公
きょうの世界昔話
キツネとウマ
きょうの日本民話
トビの鳴き声
きょうのイソップ童話
目の見えない人
きょうの江戸小話
かぜのかみおくり
きょうの百物語
ばめんの猫
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識