福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 3月の日本民話 >トビの鳴き声

3月18日の日本民話

トビの鳴き声

トビの鳴き声

♪音声配信(html5)
朗読者 : おはなしや

 むかしむかし、息子がとてもひねくれ者のトビの親子がいました。
 どれくらいひねくれ者かと言うと、父親が、
「雨が降るから、家の戸を閉めてくれ」
と、言えば、家の戸を全開に開けるし、
「そこの白い物を取ってくれ」
と、言えば、わざと黒い物を取ってくるのです。
 そんな息子に苦労したトビの父親は、やがて重い病気になり、あと数日の命となってしまいました。
(おれの人生は苦労の連続だったが、もうすぐそれも終わりだ。せめて死んだ後は、安らかにちゃんとした墓で眠りたいものだ。・・・しかし、ちゃんとした墓に入りたいと言っても、あのひねくれ息子じゃあ、反対に死んだおれを海に投げ捨てるかもしれん。・・・まてよ、それなら、反対の事をお願いすればいいんだ)
 そう考えた父親は、自分が死ぬ間際になると、息子にこう言いました。
「息子よ。おれの遺言を良く聞け。おれが死んだら、決してちゃんとした墓に入れるなよ。ちゃんとした墓に入れず、海にでも投げ捨ててくれたらいいからな」
 さて、間もなく父親が死んでしまうと、トビの息子は今までの親不孝を大変恥ずかしく思いました。
「おれがひねくれ者で親父に苦労をかけてきたから、親父は早死にをしてしまったのだ。・・・親父、すまなかったな。せめて遺言ぐらい、ちゃんとかなえてやるからな」
 そして息子は父親の言葉通り、父親の亡きがらをちゃんとした墓には入れずに、海へと投げ捨てたのです。

 さてその時、死んだと思われていた父親はまだわずかに生きていて、海の中から父親の最後の言葉が聞こえてきたのです。
「・・・塩からいよー。・・・塩からいよー」
 それを聞いた息子も、海の上を飛び回りながら父親の言葉を真似しました。
「塩からいよー。塩からいよー」
 この時からトビの鳴き声は『塩からいよー』となり、それが変化して今では『ぴーひょろろー』と鳴くようになったそうです。

※鳥の鳴き声の由来ではホトトギスの兄弟も有名です。

おしまい

前のページへ戻る


     3月18日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
精霊の日
きょうの誕生花
土佐水木(とさみずき)
きょうの誕生日・出来事
1989年 西野 カナ (歌手)
恋の誕生日占い
大人しく恥ずかしがり屋だけど、正義感が強い
なぞなぞ小学校
思わず笑ってしまう食べ物は?
あこがれの職業紹介
ハーバリスト
恋の魔法とおまじない 078
禍いから身を守るおまじない
  3月18日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
忠犬ハチ公
きょうの世界昔話
キツネとウマ
きょうの日本民話
トビの鳴き声
きょうのイソップ童話
目の見えない人
きょうの江戸小話
かぜのかみおくり
きょうの百物語
ばめんの猫
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識