福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 3月の日本昔話 >忠犬ハチ公

3月18日の日本の昔話

忠犬ハチ公 東京都

忠犬ハチ公

東京都の感動話 → 東京都の情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
犬の顔の折り紙いぬのかお   犬の折り紙いぬ

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 東京の渋谷駅の待ち合わせ場所の定番として、秋田犬ハチ公の銅像があります。
 台の上に座って、じっと駅の改札口を見ている犬の銅像です。
 このお話しは、その銅像になったハチ公のお話しです。

 むかし、ハチ公は東京大学農学部の教授だった上野英三郎という博士の家の飼い犬で、子犬の時に博士の家にもらわれてきたのでした。
 博士はハチ公を大変可愛がり、ハチ公も博士が大好きです。
 博士が大学に出かける時、ハチ公は家の近くの渋谷の駅まで毎日必ず博士のお供をするのです。
 そして夕方になり博士が帰って来る時間になると、また駅へ博士を迎えに行くのです。
 時々、博士が帰って来るのが遅くなる日がありましたが、ハチ公はどんなに遅くなっても必ず駅の前で待っているのです。
「ハチ公。こんな所にいては邪魔だよ」
 駅の人に怒られる事もありましたが、ハチ公は吠えたり噛みついたりせず、博士が帰って来るのをおとなしく待っているのでした。
 そんな平和な日々は、一年半ほど続きました。
 でも、1925年5月21日、ハチ公に送られて大学へ行った博士が、突然倒れてしまったのです。
 みんなはすぐに博士を手当てをしましたが、博士は助かりませんでした。
 博士は死んでしまったのですが、ハチ公にはその事がわかりません。
 ハチ公は夕方になると博士を迎えに駅までやって来て、そして博士を一晩中待って、朝になると家に帰り、また夕方になると博士を迎えに駅までやって来るのです。
 そのハチ公の姿を見た人たちは、目に涙を浮かべました。
「ハチ公、かわいそうになあ」
「死んだ博士を、毎日待っているなんて」
 こうして帰って来ない博士をハチ公が迎えに行く日々が七年続いた時、ハチ公の事が新聞にのりました。
 するとそれを知った多くの人が、ハチ公を応援しました。
 駅の人も、雨の降る日などは、ハチ公を駅の中で寝かせてあげました。
 そしてとうとう、十年が過ぎました。
 すると駅の人や近くの人が集まって、感心なハチ公の銅像をつくる相談をしました。
 銅像が完成したのは、ハチ公が博士を待つようになってから十二年目の事です。
 その頃ハチ公は、よぼよぼのおじいさんになっていました。
 毎日毎日、弱った体で帰って来ない博士を迎えに行くのは大変な事です。
 でもハチ公は頑張って頑張って、博士を迎えに行きました。
 そして銅像が出来た次の年の1935年3月8日午前6時過ぎ、十三才になったハチ公は帰って来ない博士を待ち続けたまま、自分の銅像の近くで死んでしまったのです。

 でも、悲しむ事はありません。
 天国へ行ったハチ公は、大好きな博士と一緒に暮らしているのですから。

おしまい

前のページへ戻る


     3月18日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
精霊の日
きょうの誕生花
土佐水木(とさみずき)
きょうの誕生日・出来事
1989年 西野 カナ (歌手)
恋の誕生日占い
大人しく恥ずかしがり屋だけど、正義感が強い
なぞなぞ小学校
思わず笑ってしまう食べ物は?
あこがれの職業紹介
ハーバリスト
恋の魔法とおまじない 078
禍いから身を守るおまじない
  3月18日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
忠犬ハチ公
きょうの世界昔話
キツネとウマ
きょうの日本民話
トビの鳴き声
きょうのイソップ童話
目の見えない人
きょうの江戸小話
かぜのかみおくり
きょうの百物語
ばめんの猫
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識