福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 4月の百物語 >油屋の娘

4月4日の百物語

油屋の娘

油屋の娘

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

 むかしむかし、ある村に、魚釣りの好きな三人の男がいました。

 ある日の事、三人が川で夜釣りをしていると、川向こうにボーッと赤い火が浮かびあがりました。
 三人が不思議に思って見ていると、火はパッと消えました。
「消えた」
「何だろう?」
「よし、わしが調べてやる」
 三人の中で一番勇気のある男が、小舟に乗って向こう岸へ渡ってみました。
 赤い火が燃えていた辺りに行ってみると、一軒のあばら屋があって、中へ入ってみると美しい娘がたった一人、うつろな目で座っているのです。
「あの、道に迷って困っておるので、今晩ここへ泊めてくださるまいか?」
 男が声をかけると、娘は急に怖い顔で言いました。
「いけません! ここは、恐ろしい鬼の家です。見つからないうちに、早く逃げてください!」
「いや、そうは言われても・・・」
 娘が何を言っても男があきらめないので、娘は仕方なく男を奥の部屋へ案内しました。
 そして、こう言いました。
「どんな事があっても、決してここから出てはなりませぬ。出れば、殺されます」

 さてその晩の事、男が奥の部屋で寝ていると、
「きゃあーー!」
と、女の悲鳴が聞こえてきました。
「何事だ!」
 男は飛び起きて部屋を飛び出そうとしましたが、途中で娘の言葉を思い出すと、そっと戸を開けて隣の部屋をのぞいて見ました。
 すると驚く事に、大きな赤鬼が燃えさかる火の上で、娘を火あぶりにしているではありませんか。
「むごい事を・・・」
 さすがの男も、足がすくんで動けません。
 そうするうちに火がパッと消えて、同時に赤鬼の姿も消えてしまいました。
「だっ、大丈夫か!」
 男は娘のそばへ駆け寄って、娘を抱きあげました。
 娘はぐったりしていますが、不思議な事に火傷一つしていません。
「これは、どうした訳じゃ?」
 男がたずねると、娘が言いました。
「わたしは、大阪の油屋の娘です。
 父がお客に油の量をごまかして売る為に、私は毎晩、こんな目に合わさせているのです。
 お願いです。
 わたしの家へ行き、家にある油を全部、高野山のお寺に寄附する様に父へ頼んでください」
 そして娘は、証拠の印に自分の片袖をちぎって渡しました。
「よしわかった! 任せておけ!」
 男はさっそく、その片袖を持って大阪の娘の家へ行き、主人に事の次第を詳しく話したのです。
  ところが主人は、
「そんな馬鹿な。
 娘はずっと前から病気で、ほとんど意識がないのじゃ。
 とても外へなど、出られるはずがない」
と、信じてくれません。
 しかし男の持って来た片袖は、まぎれもなく娘の物です。
 主人は念の為に、座敷の布団に寝ている娘の着物を見てみました。
「あっ!」
 なんと娘の着物の片袖が、ちぎれてなくなっているではありませんか。
 主人はさっそく店の者に命じて、家にある油を全部、高野山のお寺に持って行かせました。
 すると不思議な事に、娘の病気がけろりと治ってしまったのです。
 主人は大喜びすると、男に言いました。
「ありがとうございます。
 おかげで、娘が救われました。
 どうかこの油屋の跡取りとして、これからも娘を守ってください」

 こうして男は娘の婿に迎えられ、幸せに暮らしたという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     4月 4日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
あんパンの日
きょうの誕生花
李(すもも)
きょうの誕生日・出来事
1974年 照英 (俳優)
恋の誕生日占い
勝ち気な性格で、目標に向かって一直線
なぞなぞ小学校
お腹が空いた人の服は?
あこがれの職業紹介
ウェイトレス
恋の魔法とおまじない 095
恋愛運・結婚運を高める呪文
  4月 4日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
和尚のしっぱい
きょうの世界昔話
サルとカメ
きょうの日本民話
ウシになったお坊さん
きょうのイソップ童話
バラとケイトウ
きょうの江戸小話
きりょうじまん
きょうの百物語
油屋の娘
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識