福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 4月の日本昔話 > 和尚の失敗

4月4日の日本の昔話

和尚のしっぱい

和尚の失敗

♪音声配信(html5)
音声 おはなしや

 むかしむかし、あるお寺に、和尚(おしょう)さんと二人の小僧がいました。
 ある冬の晩の事。
 和尚さんが『でんがくどうふ(とうふを長方形に切って串に刺し、味噌を塗って火にあぶった料理)』を二十串、いろりにグルリと並べて刺しました。
「おおっ、良い香りじゃ。さあ、焼けてきたぞ」
 とうふに塗りつけた味噌がこんがりと焼けて、たまらなくいい匂いです。
 するとそこへ、匂いをかぎつけた二人の小僧がやって来ました。
 和尚さんは、『でんがくどうふ』を一人で全部食べるつもりでしたが、二人の小僧にしっかりと見られてしまったからに、今さら隠すわけにはいきません。
 そこで和尚さんは、こう言いました。
「ちょうど、良いところに来たな。
 お前たちにも分けてやるが、ただ分けてやったのではつまらん。
 そこで串の数をよみ込んだ歌を作り合って、その数だけ食べる事にしよう。
 では、わしから始めるぞ。
 『小僧二人、にくし(二串)』」
 和尚さんはニヤリと笑うと、『でんがくどうふ』をふた串取って食べました。
 歌の意味は、『小僧が来なかったら一人で全部食べられたのに、二人の小僧が憎い』という意味です。
「お前たちには、こんな歌はよめまい」
 ところが、年下の小僧が、
「それはどうでしょう。『おしゃかさまの前の、やくし(八串)さま』」
と、見事な歌をうたって、『でんがくどうふ』を八串もせしめたのです。
 歌の意味は、病気を治す神さまの薬師如来(やくしにょらい)のやくしと、八串をひっかけたのです。
「何と、なかなかやりおるわ」
 あてがはずれた和尚さんは、しぶい顔をしました。
 でも、まだ十串も残っています。
 まさか、これを全部取られる事はあるまいと、和尚さんは安心して年上の小僧に歌をよませました。
 すると年上の小僧は、
「『小僧よければ、和尚とくし(十串)』で、十串いただきます」
と、残りの十串を全部取ってしまったのです。
 ちなみに歌の意味は、『出来の良い小僧がいれば、和尚さんは得をする』というものです。
 こうしてほとんどの『でんがくどうふ』を取られた和尚さんは、もう二度と歌よみ勝負をしなかったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     4月 4日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
あんパンの日
きょうの誕生花
李(すもも)
きょうの誕生日・出来事
1974年 照英 (俳優)
恋の誕生日占い
勝ち気な性格で、目標に向かって一直線
なぞなぞ小学校
お腹が空いた人の服は?
あこがれの職業紹介
ウェイトレス
恋の魔法とおまじない 095
恋愛運・結婚運を高める呪文
  4月 4日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
和尚のしっぱい
きょうの世界昔話
サルとカメ
きょうの日本民話
ウシになったお坊さん
きょうのイソップ童話
バラとケイトウ
きょうの江戸小話
きりょうじまん
きょうの百物語
油屋の娘
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識