福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 4月の百物語 >動かない亡骸(なきがら)

4月11日の百物語

動かないなきがら

動かない亡骸(なきがら)
京都府の民話京都府情報

 むかしむかし、京の都のある屋敷(やしき)に、娘が一人で暮らしていました。
 娘は父と母に可愛がられて育ちましたが、もう、二人とも死んでしまっていません。
 残された娘はお嫁に行く事もなく、一人で屋敷を守っていましたが、ある時、重い病気にかかって死んでしまいました。
 そこで親戚(しんせき)の人たちがお葬式(そうしき)をする事になり、娘のなきがらを棺におさめて野べ送り(のべおくり→死者を火葬場や埋葬地まで見送る事)の為に野原へ運んで行きました。
 するとその途中で、棺をかついでいた人たちが、
「おや? どうしたんだろう? 急に棺が軽くなったぞ。ちょっと、調べてみよう」
と、棺をおろして、ふたがほんの少し開けました。
「あっ!」
 ふたを開けた人たちは、びっくりです。
 棺の中は空っぽで、おさめたはずのなきがらがありません。
「どこかで、落としてしまったのだろうか?」
「そんなはずはない。もし落とせば、すぐにわかるはずだ」
「とにかく、道を引き返してみよう」
 親戚の人たちが道を引き返しながら探しましたが、なきがらを見つける事は出来ません。
 すると、一人の男が、
「もしかすると、あの屋敷に帰ったのでは」
と、娘の屋敷へ戻りました。
 すると娘のなきがらが、座敷のふとんに横たわっていたのです。

 男はすぐに親戚の人たちを呼びよせて、どうするかと相談をしました。
「不思議な事だが、なきがらが帰って来たのは事実だ」
「いずれにしても、明日また、あらためて野べ送りをしようではありませんか」

 次の日、娘のなきがらは再び棺におさめられ、簡単には開かない様にしっかりとふたがされました。
「では、そろそろ運びましょう」
 親戚の人たちが棺に手をかけようとすると、しっかりふさいだふたが開きはじめたではありませんか。
 親戚の人たちがあっけにとられていると、ふたはさらに開いて、棺の中の娘のなきがらが立ちあがりました。
「あわわ!」
「・・・・・・!」
 親戚の人たちは、腰を抜かして口もきけません。
 棺を抜け出した娘のなきがらは、元の様に座敷のふとんに横たわりました。
「不気味な事だが、このままにしておくわけにはいくまい。もう一度、棺におさめよう」
 親戚の人たちは恐る恐るなきがらをかかえあげようとしたのですが、なきがらはまるで根を生やした様にビクともしません。
「そんな馬鹿な、四人がかりでも動かぬとは」
 その時、一人のおじいさんが、なきがらの耳元に話しかけました。
「そうか、そうか。
 お前さんは、この屋敷を離れたくないのだな。
 では、のぞみをかなえて、この屋敷の床下に埋めてあげよう」
 するとわずかに、娘のなきがらが微笑んだ様な気がしました。
 そこでおじいさんはみんなに指示をして、座敷の床をはがすと穴を掘らせました。
「さあ、ここで屋敷を見守りといい」
 おじいさんがなきがらを抱くと、今度はやすやすと持ち上がり、おじいさんはなきがらを床下におろしました。
 そして親戚の人たちは土を盛り上げて塚をつくると、安心した顔で帰って行きました。

 その後、古くなった屋敷は取り壊されましたが、塚は今でも残されているそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     4月11日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ガッツポーズの日
きょうの誕生花
風信子(ヒヤシンス)
きょうの誕生日・出来事
1949年 武田鉄矢 (俳優)
恋の誕生日占い
笑顔が可愛い、いやし系
なぞなぞ小学校
おいしい物を食べると、おちそうになる物は?
あこがれの職業紹介
芸妓(芸者)・舞妓
恋の魔法とおまじない 102
早く髪の毛を伸ばすおまじない
  4月11日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
家が栄える、おまじない
きょうの世界昔話
イワンのバカ
きょうの日本民話
風呂のぬか団子
きょうのイソップ童話
山の猟師と海の漁師
きょうの江戸小話
みこし入道をやっつける方法
きょうの百物語
動かない亡骸(なきがら)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識