昔話の英語《福娘童話集》昔話の英語 Japanese & English昔話の英語《福娘童話集》 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > 百物語 > 四月

4月25日の百物語
(4月25日的日本鬼故事)
夜の葬式の化け物

夜の葬式の化け物
夜葬鬼

日本語 ・日本語&中国語

むかしむかし、お父さんとお母さんと子どもの三人家族がいました。
到好久以前、一屋三口爹媽兒。

お母さんのお腹には赤ちゃんがいるので、もうすぐ四人家族になります。
媽肚子裡面還有一個、這就馬上四口人了。

ある日の事、お腹の大きくなったお母さんは、急にナシが食べたくなって山へ取りに行きました。
有天肚子大起來的媽、這就突然好想吃梨子、就上山了。

そして袋いっぱいにナシを取ったお母さんが、ふと気がつくと、もう夕方になっていたのです。
摘了是一大袋、這都覓(沒)注意時間、已經是黃昏要天黑了。

「あら、もうこんな時間。今から帰っても、夜になってしまうわね」
現在就算趕回去、還是要走夜路。

お母さんはナシの入った袋を木に縛ると、朝が来るのを待つ事にしました。
媽就幫梨子裝一起綁樹上、等白天。

さて、しばらくすると、遠くから葬式の行列が姿を現しました。
這就過一陣、看到遠地方抬棺材上山了。

それを見たお母さんは、びっくりです。
這幫媽骸死了。

なぜならこの地方では、夜に葬式を出すのは化け物と決まっていたからです。
這鬼地方這個時候、哪有人晚上下葬來的、不要想了、肯定是鬼。

「大変、化け物の葬式だわ。見つかるとどんな目にあわされるかわからないから、木の上に隠れていましょう」
這鬼下葬、被發現捉走也不曉得幫你怎麼樣、媽就躲樹上。

お母さんはあわてて、木の上に登りました。
馬上爬樹。

やがて葬式の行列は、お母さんが登っている木の下に来ると、手に持ったクワで死体を埋める穴を掘り始めました。
這是真的不巧、隊伍一走到媽的這顆樹底下、就取鋤頭開挖了。

それを見たお母さんは、思わず、
媽看到這條

「おっかない」
と、言ってしまったのです。
不小心港話漏嘴了、港了句好駭人出來、發出聲音了。

するとその声が聞こえたのか、穴を掘っていた化け物たちが一斉に木の上を見上げました。
到聲音鬼也不挖墳了、就一起看樹上。

「いま、上から人間の声が聞こえたぞ。この木の上に、いるのか?」
剛剛樹上有人港話的聲音啊、莫心(難道)是有人哦

「人間なら、取って食ってしまおう」
是人就幫他捉起來吃了。

「そうだ、そうだ。食ってしまおう」
對頭對頭、吃了。

化け物たちはそう言うと、長い手を木の上に伸ばしてきました。
鬼這就持長手往樹上變長。

お母さんは必死に木の上へ逃げて行きましたが、やがてこれ以上登れないところまで登った時に、長く伸びた化け物の腕に足を捕まれてしまったのです。
媽也快點往樹上爬啊、這就爬登頭了(頂)、沒得再往上面去了、就著長手怪幫踋一提。

その手はヌルヌルとした、とても冷たい手です。
手就和打油一樣的、冰凌冰凌的。

「きゃー! 助けてー!」
啊啊啊!!我不要死啊!

お母さんは悲鳴を上げて逃げようとしましたが、そのまま化け物の手に引きずり下ろされて、化け物たちに食べられてしまったのです。
媽就叫啊哭啊、掙扎啊、覓一點卵用、後面著拖到樹底下、一起吃啦。

さて、お母さんの帰りを待つ家では、お母さんがいつまでたっても帰って来ないので、お母さんを捜しに山へ行きました。
屋裡人一直等媽回來、一直覓等到、這就上山去邏。

そこでお父さんと子どもは、食い残されたお母さんの着物をナシの木の下で見つけたのです。
父子兩個也是到梨樹底下看到媽衣服了、還是被吃剩的。

それから数年後、青年となった子どもが鉄砲を持って、お父さんに言いました。
過幾年小男兒長大變成人啦、就取火槍對自己老頭港。

「お父さん。
わたしは今から、お母さんの仇討ちに行きます」
港他要幫山上妖怪弄了去。

そして子どもは、お母さんの着物が落ちていた、あのナシの木へとやって来ました。
就走到自己媽被吃的那顆梨子樹底下。

子どもが夜まで待っていると、どこからか、あの時の葬式行列がやって来ました。
兒一直等到晚上、上山了、那個時候的棺材隊伍。

「お母さんの仇だ!」
也是港要報深仇大恨。

子どもは鉄砲を構えると、葬式行列の先頭にいる青白い光を放つ提灯(ちょうちん)を持った男に向けて鉄砲を放ちました。
先開槍打棺材最前面打燈那條男的。

バーン!
槍響

鉄砲の玉は見事に男の心臓へ命中したのですが、撃たれた男は平気な顔でケラケラと笑うと、そのまま子どもに近づいて来ました。
火槍直接命中心臟、但是男的被打一槍反而笑眯眯的、人往兒這邊靠過來了。

「ちくしょう!」
雜种!

子どもは続けて鉄砲を打ちましたが、玉が何発当たっても男は平気な様子です。
兒又是一槍過去、接到接到放槍、男的覓得一點卵事。

男が、気味悪く笑いました。
男的笑起來好毛人

「ケッケッケッ。そんな物が、通用するか。人間は、食べてやるぞ」
那種東西有條卵子用、我要吃你來咯。

男は青白い光の提灯を持ったまま、子どもに襲いかかって来ました。
男的提起條燈籠就取兒狗命來了。

(駄目だ。わたしもお母さんと同じ様に、化け物に食べられてしまうのか!)
爛啦、我和我媽一樣要被吃到這裡啦!

その時、子どもは小さい頃にお母さんから聞いた言葉を思い出しました。
這個時候兒就想到小時候媽交待自己的話。

『この世には、鉄砲で撃っても死なない化け物がいるそうだけど、それは化け物の命が別の所にあるからだよ』
這個世界上雖然有連火槍都打不死的鬼、但那是因為他的命門到其他地方。

(そうか、きっとあの化け物の命は、他の所にあるんだ!)
對頭、我看到的是假的、真的到其他地方。

子どもは、男が持っている青白い光の提灯を怪しく思い、提灯めがけて鉄砲の玉を打ち込みました。
兒就本能覺得那條燈籠怪、就對到燈籠搞機槍。

バーン!
槍響

すると男は、
男的

「ウギャーー!」
啊啊啊啊!!

と、悲鳴を上げて、その場に倒れたのです。
這就橫死當場、大叫。

子どもがふと気がつくと、葬式行列は煙の様に消えてなくなり、青白い光の提灯を持った男の倒れた場所には、大きな大きな古狸が死んでいたという事です。
兒在再一回神、死人棺材化煙消散、青光燈籠死人男的哪裡、就死到一條好大的老狸子的。

おしまい
结束

前のページへ戻る
(回到上一页)

     4月25日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
国連記念日
きょうの誕生花
フロックス(Phlox)
きょうの誕生日・出来事
1970年 鶴田真由 (女優)
恋の誕生日占い
頭が良くて、動植物を愛するピュアな心の持ち主
なぞなぞ小学校
空から降ってくるおせんべいは?
あこがれの職業紹介
酪農家・畜産家
恋の魔法とおまじない 116
元気になるおまじない
  4月25日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ネコの恩返し
きょうの世界昔話
キツネと獲物
きょうの日本民話
寿限無(長い名前の子ども)
きょうのイソップ童話
たくはつ僧
きょうの江戸小話
遠めがね
きょうの百物語
夜の葬式の化け物
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識