福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 6月の百物語 > 三つ目の大入道

6月21日の百物語

三つ目の大入道

三つ目の大入道
京都府の民話京都府情報

 むかしむかし、京の都に、どんな事にも驚かないのが自慢の侍がいました。
 この侍はいつも、先祖から伝わる名刀を腰にさしています。

 ある晩の事、この侍が五条通(ごじょうどおり)を歩いていると、後ろから足音を忍ばせてついてくる者がいました。
(怪しい気配。・・・化け物か)
 侍が振り返ると、そこにいたのは、まだ七つか八つの子どもでした。
「なんだ。化け物かと思えば、ただの小僧ではないか。小僧、今頃どこへ行く?」
 すると、子どもは、
「どこへ行こうと、おらの勝手だ」
と、言いながら、いきなり三つ目の大入道に姿を変えました。
「おのれ! やはり化け物であったか。覚悟いたせ!」
 侍は自慢の刀を抜くがはやいか、大入道に切りかかりました。
 すると大入道は空中に飛び上がって、そのまま煙の様に消えてしまいました。
「はん。口ほどもない化け物だ。あんな奴なら、いくつ出てきても平気だ」
 侍が歩き出すと、今度は後ろからパタパタと履き物の音がして、美しい女の人が駆け寄ってきました。
「お侍さま、お助けくださいまし。
 ただ今そこで大入道のお化けに出会い、命からがら逃げてまいりました。
 一人では怖くて、家に帰る事が出来ません。
 どうか途中まで、送っていただけないでしょうか?」
 すると侍は、女の人をひと目ながめて、
(この気配は、人間の物ではない。さてはさっきの化け物が、仕返しに来たのだな)
と、正体を見破りましたが、何食わぬ顔で言いました。
「いいでしょう。どこへでも、送りましょう」

 しばらく歩いて、侍がたずねました。
「ところでその大入道は、どんな奴でした?」
 すると女の人は立ち止まって、
「それはそう、ちょうど、この様な姿でございましたよ!」
と、いきなり三つ目の大入道になりました。
 けれど、すでに女の人の正体を見破っていた侍はあわてる事なく、
「覚悟ー!」
と、三つ目の大入道を力任せに切りつけました。
 ガチーン!
 確かな手ごたえがあり、三つ目の大入道を切った刀から火花が飛び散りました。
「さあ、仕留めたぞ」
 ところがふと見ると、侍が切りつけたのは三つ目の大入道ではなく、道ばたの石どうろうでした。
 石どうろうを切りつけた為、自慢の刀は刃こぼれでボロボロです。
「ああ、わしの名刀が!」
 侍はがっくりと肩を落とすと、とぼとぼと引き上げました。
 しかし三つ目の大人道も、この侍がよほど怖かったのか、それからは二度と現れる事はありませんでした。

おしまい

前のページへ戻る


     6月21日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
スナックの日
きょうの誕生花
五月躑躅(さつきつつじ)
きょうの誕生日・出来事
1963年 青山剛昌 (漫画家)
恋の誕生日占い
愛嬌があって、眼をくりくりさせる癒やし系
なぞなぞ小学校
こわい風は?
あこがれの職業紹介
テーブルコーディネーター
恋の魔法とおまじない 173
嫌(苦手)な物から身を守るおまじない
  6月21日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
お月さまに化けたタヌキ
きょうの世界昔話
ほらふき男爵 ワニとライオン退治
きょうの日本民話
命乞いに来たコイ
きょうのイソップ童話
黒イタチ
きょうの江戸小話
おいはぎかご
きょうの百物語
三つ目の大入道
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識