福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 7月の百物語 > 牡丹灯籠(ぼたんどうろう)

7月6日の百物語

牡丹灯籠 牡丹の花咲く月夜
イラスト 「夢宮 愛」  運営サイト 「夢見る小さな部屋」

牡丹灯籠(ぼたんどうろう)
京都府の民話京都府情報

 京の都の五条京極(ごじょうきょうごく)に、荻原新之丞(おぎわらしんのじょう)という男が住んでいました。
 ある夜ふけ、道行く人もいない道で新之丞が月を見上げていると、二十才くらいの美しい女の人が通りかかりました。
 女の人は十才あまりの少女を連れており、その娘に牡丹(ぼたん)の花の灯籠(とうろう→あかりをともす器具)を持たせています。

アニメーション

(ああ、天の乙女(おとめ)が、地に降りて来たのだろうか)
 女の人に一目で心を奪われた新之丞は、女の人に言いました。
「たとえ月夜でも、二人で夜道は危険です。よろしければ、我が家で一晩を過ごされては」
 新之丞はそう言って、二人を家へ連れて戻りました。

 新之丞が歌をよむと女の人もすぐに見事な歌で返すので、新之丞はうれしくてたまりません。
(美しいだけでなく、教養もあるとは実に素晴らしい)

アニメーション

 二人はすっかり親しくなって、時がたつのも忘れるうちに東の空が明るくなりかけました。
「人目もありますので、今日はこれで」
 女の人はいそいそと帰って行きましたが、それからというもの、女の人は日が暮れると必ず新之丞をたずねてきました。
 牡丹の花の灯籠を、いつも少女に持たせて。

アニメーション

 それから二十日あまりが過ぎたある日、町へ出た新之丞は美しい牡丹のかんざしを見つけました。
(これを、彼女の髪に挿してあげよう)

牡丹灯籠 隣人の心配@

 それを、たまたま通りかかった隣の家のご隠居が見つけました。
(はて? 新之丞殿は独り身のはず。誰への土産だろうか?)

牡丹灯籠 隣人の心配A

 その夜、気になったご隠居は新之丞の屋敷へ行くと、壁のすきまから新之丞の家の中をのぞきました。

アニメーション

 新之丞が美しい女の人と楽しそうに話しをしていますが、不思議な事に女の人にも付き人の少女にも影がありません。
 それどころか女の人の体が、ときおりガイコツの姿へと変わっていくのです。
「これは! 新之丞殿は、物の怪に見込まれたのか!」
 ご隠居はすぐに家へ戻ると、使用人たちに新之丞の家にいる女の人を見張る様に言いつけました。

 翌朝、女の人を見張っていた使用人から万寿寺(まんじゅじ)の境内(けいだい)で女の人を見失ったと聞いたご隠居は、万寿寺の境内を北に進んだところで死者のなきがらをおさめた、たまや(→たましいをまつるお堂)を見つけました。

牡丹灯籠 人形

 そこにはおとぎぼうこ(→頭身を白い絹で小児の形に作り、黒い糸を髪として、左右に分け前方に垂らした人形)とよばれる子どもの人形と、あの牡丹の花の灯籠が置かれています。
「この灯籠は昨日の・・・。間違いない、この墓の主が昨日の女で、このおとぎぼうこが付き人の娘に化けていたのだな」
  おじいさんはすぐに東寺(とうじ)へ行くと、強い法力を持つと噂される若い修験者(しゅげんじゃ人)に、たまやまで来てもらいました。

牡丹灯籠 人形

「お坊さま、ここです」
「なるほど、確かに、たまやから強い霊力を感じます。しかし、このおとぎぼうこからは・・・」

牡丹灯籠 人形

 修験者は、おとぎぼうこから別の力を感じました。

牡丹灯籠 人形

 おとぎぼうこには別の魂が宿っていて、たまやの霊を守っている様に感じました。
(それにしてもこの魂、どこかで出会った気が・・・)

牡丹灯籠 人形

「お坊さま、このおとぎぼうこが、新之丞殿に悪さをしているんですな?」

牡丹灯籠 人形

 おじいさんと一緒に来た使用人の一人が、おとぎぼうこを握りつぶそうとしました。

牡丹灯籠 人形

「おやめなさい!」
 修験者は、使用人からおとぎぼうこを取り上げると言いました。

牡丹灯籠 人形

「このおとぎぼうこには魂が宿っていますが、それは決して悪い物ではありません。
 むしろ、たまやの霊が悪霊になるのを守っています。
 たまやの霊は、自分が死んでいる事すら気づいていないでしょう。
 このおとぎぼうこがいなければ、たまやの霊は悪霊になっていたかもしれません。
 だが、たまやの霊に悪意がないにしても、このままでは新之丞殿はたまやの霊に生気を奪われて死ぬことになります。
 もう決して、たまやの霊を新之丞殿に会わせてはなりません」

「わかりました。すぐにも新之丞殿に訳を話しましょう」
 ご隠居は新之丞のところへ行くと、今までの事を全て話しました。

牡丹灯籠 消え入りそうな三日月ラフ人形

「そんな、あの人がわたしを取り殺そうとしているなんて」
「残念ながら、この目で確かに見ました。
 新之丞殿の家は、たまやの霊に知られています。
 しばらくは、わたしの別宅に身を隠して下さい」
「しかし、あの人に限って!」
「新之丞殿。ここはわたしを信じて、わたしとお坊さまにおまかせください」

牡丹灯籠 消え入りそうな三日月ラフ人形

 ご隠居の別宅に連れて行かれる新之丞に、修験者が言いました。
「家の入口全てに、魔除けの札を貼っておきます。
 この家にいる限り、たまやの霊に見つかることはないでしょう。
 それほど時間はかかりません。
 しばらくの辛抱です」
「しかし・・・」

牡丹灯籠 消え入りそうな三日月ラフ人形

 その夜、ご隠居の別宅に閉じ込められた新之丞は、部屋に差し込む月光を見つめながら思いました。
(もうそろそろ、あの人がやってくる時刻だ)

牡丹灯籠 消え入りそうな三日月ラフ人形

(会いたい。
 たとえあの人が、人でなかろうと。
 たとえあの人に、取り殺される事になろうとも。
 あの人に、会いたい)

 そこへ、ご隠居の使用人が食事を運んできました。
「新之丞さま、お食事を用意しました」
「食事などいらん! それよりわたしは、いつまでここにいなければならないのだ!?」

牡丹灯籠 消え入りそうな三日月ラフ人形

「はあ。旦那さまとお坊さまのお話では、今夜中にも霊を成仏させると」
「成仏!? あの人を、この世から消すというのか!!  ・・・すまない、大声を出して」
「いえ、気にしていません」
「そうか、ありがとう。
 ところで、一つ頼まれてはくれないか。
 この酒を、外で見張っている者たちにもふるまってくれ」

牡丹灯籠 消え入りそうな三日月ラフ人形

 新之丞は見張りの男たちが酒を飲んでいるうちに家を抜け出すと、

牡丹灯籠 消え入りそうな三日月ラフ人形

 自分の家へとかけ出しました。
「すぐに行く、待っていてくれ!」

牡丹灯籠 終焉

 新之丞が自分の家に飛び込むと、ガイコツの姿になった女の人が新之丞の帰りを待っていました。
  ガイコツになった女の人が、涙を流しながら新之丞に言います。
「東寺の修験者の法力で、人の姿を保てなくなりました。
 間もなくわたしたちは、この世から姿を消さなくてはなりません。
 この世の最後に、あなたさまに会えて本当によかった」

牡丹灯籠 終焉 ラフ

 女の人とおとぎぼうこの姿が、ゆっくりと霧のように消えていきます。

牡丹灯籠 終焉 ラフ

「駄目だ! 行かないでくれ!」
「来てはいけません! わたしたちに近づけば、あなたさまのお命が!」
「構わない! あなたのいない世に生きても、わたしには何の意味もない」

牡丹灯籠 終焉 ラフ

 新之丞が女の人を抱きしめると、二人の体が明るく光り輝きました。

牡丹灯籠 終焉 ラフ

 ガイコツだった女の人の姿が元に戻り、

牡丹灯籠 終焉 ラフ

 二人の光りを受けたおとぎぼうこも、少女の姿へと戻っていきます。

牡丹灯籠 終焉 ラフ

(・・・あっ)

牡丹灯籠 終焉 ラフ

(・・・よかった)

牡丹灯籠 終焉 ラフ

 人の姿に戻った少女が、抱き合う二人ににっこり微笑みます。

牡丹灯籠 終焉 ラフ

 新之丞は女の人を抱きしめながら、自分の想いを伝えました。
「もう決して、あなたを離さない。
 あなたがこの世を去るのなら、わたしも一緒に行こう。
 あなたを、心から愛している」

牡丹灯籠 終焉 ラフ

「新之丞さま」

 翌朝、家を抜け出した新之丞が、女の人のたまやで死んでいるのが見つかりました。

牡丹灯籠 終焉 ラフ

 新之丞の口元には、満足そうな笑みが浮かんでいます。

牡丹灯籠 終焉 ラフ

「新之丞さま、申し訳ありません! あの時、無理にでも新之丞さまをお引き止めするべきでした!」
 泣きじゃくる使用人に、ご隠居が言いました。
「自分を責める事はない。新之丞殿は、満足してあの世へ行かれたのじゃ」

 その後、ご隠居と修験者は、この場所に新之丞とおとぎぼうこのお墓を作り、三つのお墓を並べてやりました。

牡丹灯籠 終焉 ラフ

 修験者は、三人のお墓に手を合わせて言いました。
「新之丞殿、どうかお幸せに。
 あの人を・・・。おとぎぼうこの娘を、よろしく頼みます。
 ・・・では、またいつか会いましょう」

牡丹灯籠 終焉 ラフ

新説 牡丹灯籠  第1部 完

→ 牡丹灯籠のヒロイン 生まれ変わった姿 (誕生日占い 8月25日より)

→ 牡丹灯籠の侍女ちゃん 生まれ変わった姿 (誕生日占い 9月17日より)






新説 牡丹灯籠 第2部、第3部を企画中。
気長にお待ち下さい。


第2部のイメージ

修験者と少女の過去、そしておとぎぼうこにまつわるお話し。
牡丹灯籠 終焉 ラフ


第3部のイメージ

舞台は江戸時代から大正時代へ

輪廻転生@
その後 @

輪廻転生A
その後 A

輪廻転生B
その後 B


大人気。おまけの侍女ちゃん

手でハート
侍女ちゃん

しゃがむ
侍女ちゃん

考え事
侍女ちゃん

センチ
侍女ちゃん

眠い
侍女ちゃん

お祈り
侍女ちゃん

転ぶ
侍女ちゃん

おすまし
侍女ちゃん

おしゃま
侍女ちゃん

おねだり
侍女ちゃん

おねだり(ぬりえ)
※ クリックすると、印刷用の大きな画像が表示されます。
侍女ちゃん
あげるね
侍女ちゃん

再会
侍女ちゃん

木漏れ日
侍女ちゃん

チュッ〜
侍女ちゃん

白無垢
侍女ちゃん

新説牡丹灯籠 第1部 イラストラフ集

牡丹の花咲く月夜
牡丹灯籠 牡丹の花咲く月夜 ラフ @

出会い@
牡丹灯籠 出会い ラフ @

出会いA
牡丹灯籠 出会い ラフ A

出会いB
牡丹灯籠 出会い ラフ B


牡丹灯籠 蛍 ラフ @

予感@
牡丹灯籠 予感 ラフ @

予感@ 別髪バージョン
牡丹灯籠 予感 ラフ @ 別髪バージョン

予感A
牡丹灯籠 予感 ラフ A

予感B
牡丹灯籠 予感 ラフ B

隣人の心配@
牡丹灯籠 隣人の心配@ ラフ

隣人の心配@ 本編使用の美老人タイプ
牡丹灯籠 隣人の心配@ ラフ 美老人

隣人の心配A
牡丹灯籠 隣人の心配A ラフ

悲しい本当の姿@牡丹灯籠 隣人の心配A

悲しい本当の姿A
牡丹灯籠 隣人の心配A

悲しい本当の姿B牡丹灯籠 隣人の心配A

悲しい本当の姿C牡丹灯籠 隣人の心配A

悲しい本当の姿D
牡丹灯籠 隣人の心配A

悲しい本当の姿E牡丹灯籠 隣人の心配A

悲しい本当の姿F牡丹灯籠 隣人の心配A

悲しい本当の姿G牡丹灯籠 隣人の心配A

悲しい本当の姿H牡丹灯籠 隣人の心配A

人形@
牡丹灯籠 人形

人形A
牡丹灯籠 人形

人形ラフB
牡丹灯籠 人形

人形C
牡丹灯籠 人形

人形D
牡丹灯籠 人形

人形E
牡丹灯籠 人形

消え入りそうな三日月@
牡丹灯籠 消え入りそうな三日月ラフ人形

消え入りそうな三日月A
牡丹灯籠 消え入りそうな三日月ラフ人形

消え入りそうな三日月B
牡丹灯籠 消え入りそうな三日月ラフ人形

消え入りそうな三日月C
牡丹灯籠 消え入りそうな三日月ラフ人形

消え入りそうな三日月D
牡丹灯籠 消え入りそうな三日月ラフ人形

消え入りそうな三日月E
牡丹灯籠 消え入りそうな三日月ラフ人形

消え入りそうな三日月F
牡丹灯籠 消え入りそうな三日月ラフ人形

終焉@
牡丹灯籠 終焉 ラフ

終焉A
牡丹灯籠 終焉 ラフ

終焉B
牡丹灯籠 終焉 ラフ

終焉C
牡丹灯籠 終焉 ラフ

終焉D
牡丹灯籠 終焉 ラフ

終焉E
牡丹灯籠 終焉 ラフ

終焉F
牡丹灯籠 終焉 ラフ

終焉G
牡丹灯籠 終焉 ラフ

終焉H
牡丹灯籠 終焉 ラフ

終焉I
牡丹灯籠 終焉 ラフ

終焉J
牡丹灯籠 終焉 ラフ

終焉K
牡丹灯籠 終焉 ラフ

終焉L
牡丹灯籠 終焉 ラフ

終焉M
牡丹灯籠 終焉 ラフ

終焉N
牡丹灯籠 終焉 ラフ

輪廻転生@
その後 ラフ@

輪廻転生A
その後 ラフ@

輪廻転生B
その後 ラフ@

おまけの侍女ちゃん チュッ〜 ラフ
侍女ちゃん

おまけの侍女ちゃん 白無垢 ラフ
侍女ちゃん

前のページへ戻る

     7月 6日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ゼロ戦の日
きょうの誕生花
浜万年青(はまおもと)
きょうの誕生日・出来事
1948年 瀬川瑛子(歌手)
恋の誕生日占い
笑顔がとても素敵で、ユーモアセンスが抜群
なぞなぞ小学校
足から入って、肩から出る物は?
あこがれの職業紹介
中学校教諭
恋の魔法とおまじない 188
手紙の返事をもらうおまじない
  7月 6日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
左甚五郎の忘れ傘
きょうの世界昔話
天の川と七夕
きょうの日本民話
七月七日のカッパ
きょうのイソップ童話
キツネと王さまに選ばれたサル
きょうの江戸小話
やかん
きょうの百物語
牡丹灯籠(ぼたんどうろう)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識