福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 7月の百物語 > 海の底の蛇の目傘

7月26日の百物語

海の底の蛇の目傘

海の底の蛇の目傘
新潟県の民話新潟県情報

 むかしむかし、金泉(かないずみ)という村に、釣り好きの八蔵(はちぞう)という若者が住んでいました。

 八蔵が海に舟を出して釣糸をたらしていると、海草がゆれている岩かげに一本の蛇の目傘が立てかけてあるのが見えました。
「はて? こんなところに、誰が落とした物やら」
 今と違って傘はとても高価な物だったので、八蔵は傘を拾おうと着物を脱いで海に飛び込もうとしました。
 その時です。
「しばらく、待て」
 不気味な声が、八蔵の耳に届きました。
 八蔵は辺りを見回しましたが、誰もいません。
「気のせいか」
 そしてまた海に入ろうとすると、今度は大きな声で、
「しばらく、待て!!」
と、言ったのです。
「どっ、どこだ? ・・・海の中からか?」
 八蔵が恐る恐る海の底をのぞいてみると、傘がいきなりばっと開きました。
「ひぇーー!」
 びっくりした八蔵は、懸命に舟をこいで逃げ出しました。
 そしてしばらく行った所で後ろを振り返ると、長い髪を乱した女が水面に立っており、あの傘を持って追いかけてくるのです。
「まてえー、まてえー!」
「おっ、お助けを〜!」
 八蔵は死に物狂いで舟をこいで、なんとか無事に村の岸へたどり着きました。

 翌日、八蔵は昨日の出来事を村のみんなに話しました。
 するとみんなも、驚いた顔で言うのです。
「実はおれも、あの辺で傘を持った女が長い髪をすいとるのに出くわしたぞ」
「おれが出会ったのも、あの辺だった。ひどく青い顔をしていたぞ」
「おれもだ、おれも見た」
 すると、それを聞いていた村一番の力自慢の長吉(ちょうきち)が言いました。
「よし、ならばこの長吉さまが、その青い顔の髪長女を退治してやろう」

 翌朝、長吉はたった一人で舟をこいで行きました。
「さてと、この辺かな? 蛇の目傘が出たというのは」
 長吉は海の底をのぞいてみましたが、しかし傘はありません。
「なんだ? ここじゃないのか?」
 するといきなり、青空なのに大粒の雨がざぁーざぁーと降り出して、海は高波になったのです。
「こりゃあいかん、早く岸へ戻らにゃ」
 長吉が舟をこいで岸に戻ろうとすると、波間に蛇の目傘を持った長い髪の女が現われました。
 長い髪の女は鬼の様な恐ろしい形相で、長吉に言いました。
「わしを退治するだと? この愚か者めが!」
 水面を走って追いかけてくる女に、さすがの長吉も生きた心地がしません。
「おっ、お助けを〜!」
 何とか岸へたどり着いた長吉は家へと逃げ込みましたが、それからすぐに寝込んでしまい、三日目に死んでしまったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     7月26日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
幽霊の日
きょうの誕生花
ステファノティス(Stephanotis)
きょうの誕生日・出来事
1950年 萩原健一(俳優)
恋の誕生日占い
決して嘘をつかない真面目な女の子
なぞなぞ小学校
空にいる虫は? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
ジュエリーデザイナー
恋の魔法とおまじない 208
ラブレターに気持ちがこもるおまじない
 7月26日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
娘の寿命
きょうの世界昔話
本当はやさしい、けちな大金持ち
きょうの日本民話
古木の血
きょうのイソップ童話
ペテン師
きょうの江戸小話
ろうそくちくわ
きょうの百物語
海の底の蛇の目傘
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識