福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 7月の世界昔話 > 本当はやさしい、けちな大金持ち

7月26日の世界の昔話

本当はやさしい、けちな大金持ち

本当はやさしい、けちな大金持ち
イスラエルの昔話イスラエルの説明

♪音声配信(html5)
音声 おはなしや

 むかしむかし、ある町に、一人の大金持ちがいました。
 この人は大金持ちですが、とてもけちでした。
 貧しい人がたずねて行っても、決して助けてはくれません。
「何て、けちな男だ」
 町の人たちは、みんな大金持ちの悪口を言いました。

 さて、同じ町に、一人の靴屋がいました。
 この靴屋はとても親切で、貧しい人を見ると必ず、お金や食べ物を与えて助けてあげたのです。
 ある日の事、大金持ちが急な病気で死んでしまいました。
 町の世話役は、大金持ちを町のお墓の一番端に埋めました。
 そして葬式にも、町の人たちは誰一人行きませんでした。

 それから何日かして、一人の貧しい人が親切な靴屋を尋ねました。
「何か、めぐんでください」
 すると、靴屋がこう言ったのです。
「あげる物なんて、何もないよ」
 それを聞いた貧しい人は、びっくりしました。
「どうしてですか? あなたはいつも、わたしたちを助けてくれたのに」
 すると靴屋は、こんな事を話し出しました。
「何年か前の事だ。
 この前に亡くなったお金持ちのご主人が、お金をたくさん持って来て、こっそりとわたしにこんな事を頼んだんだ。
『このお金を、貧しい人にあげてくれ。ただし、誰のお金かは、決して言わないように』、と。
 それからも、みんなにあげるお金がなくなると、お金持ちは何度も何度もお金を持ってきてくれた。
 でももう、お金持ちがいないので、わたしにはお金がないのだよ」
 この話は、すぐに町中に広まりました。
 そしてみんなは、死んだ大金持ちの本当のやさしさを知り、すぐにお墓へ飛んでいきました。
 そして、今まで悪口を言っていた事を、心からあやまったのです。

おしまい

前のページへ戻る


     7月26日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
幽霊の日
きょうの誕生花
ステファノティス(Stephanotis)
きょうの誕生日・出来事
1950年 萩原健一(俳優)
恋の誕生日占い
決して嘘をつかない真面目な女の子
なぞなぞ小学校
空にいる虫は? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
ジュエリーデザイナー
恋の魔法とおまじない 208
ラブレターに気持ちがこもるおまじない
 7月26日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
娘の寿命
きょうの世界昔話
本当はやさしい、けちな大金持ち
きょうの日本民話
古木の血
きょうのイソップ童話
ペテン師
きょうの江戸小話
ろうそくちくわ
きょうの百物語
海の底の蛇の目傘
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識