福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 

福娘童話集 > きょうの百物語 > 9月の百物語 > 鬼の腕

9月27日の百物語

鬼のうで

鬼の腕
東京都の民話東京都の情報

♪音声配信(html5)
朗読 : 佐々木久美子

 明治になって間もない頃、浅草(あさくさ)に、田宮義和(たみやよしかず)という元侍の男が住んでいました。
 田宮はどこで手に入れたのか、『の腕』という、不思議な物を持っていました。
 その腕は田宮の言う事を何でも聞き、家の掃除から洗濯、食事の用意から身のまわりの世話まで、田宮は全て鬼の腕にやらせていたのです。
 驚く事に銭湯へも鬼の腕を連れて行って、背中を流させたり肩や腰をもませたりしました。
「この腕は、女房みたいなものだ。
 いや、人間の女房以上に、よく働くぞ。
 それに飯も食わせんでよいし、着物をねだられる心配もない」

 ある冬の事。
 富山(とやま)の薬売りが、毎年薬を買ってくれる田宮の家へやって来ました。
「こんにちは、いつもの薬売りです」
 薬売りがいくら呼んでも、返事がありません。
 そこで薬売りは家へあがって、部屋の障子(しょうじ)をそっと開けてみました。
「ウギャーーッ!」
 薬売りは、大声を上げました。
 なんと部屋の中で、田宮が目をむいて倒れていたのです。
 あお向けに倒れた田宮の喉を、鬼の腕がしめつけていました。

 やがて知らせを聞いて、田宮の家に役人がやって来ました。
 役人は、田宮を調べて言いました。
「うむ。田宮は鬼の腕に首をしめられて、殺されたに違いない」
 役人たちは鬼の腕を首から離そうとしましたが、指がしっかり首に食い込んでいて、どうしても離す事が出来ません。
「仕方ない、そのまま連れて行け」

 田宮は首に鬼の腕をくっつけたままで、土葬(どそう→死体を火葬せずに、土に埋めること)されました。
 埋葬(まいそう)が終わった後、役人の一人が線香(せんこう)をあげながら言いました。
「どうも、この鬼の腕は女のものらしい」
 すると、別の役人が不思議そうにたずねました。
「どうして、そんな事がわかるのですか?」
「うむ、あの鬼の腕は、細くてやさしい指をしておった。
 だが、ずいぶんと田宮にこきつかわれたとみえて、ひどい赤ぎれじゃ。
 どういう経緯で田宮に使われる様になったかは知らぬが、かわいそうな事よ」
 役人は線香をもう一本とると、今度は鬼の腕の為に手を合わせました。

おしまい

前のページへ戻る


     9月27日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
女性ドライバーの日
きょうの誕生花
コスモス(cosmos)
きょうの誕生日・出来事
1982年 中田 敦彦 (タレント)
恋の誕生日占い
度胸があって、人前でも緊張しません
なぞなぞ小学校
勉強をすればするほど、黒くなる物は?
あこがれの職業紹介
脚本家・シナリオライター
恋の魔法とおまじない 271
悪酔い、二日酔いをさます
  9月27日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
大仏の目玉
きょうの世界昔話
花のおじいさん
きょうの日本民話
生きている竜
きょうのイソップ童話
ハトとカラス
きょうの江戸小話
最後のうそ
きょうの百物語
鬼の腕
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識