福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 10月の百物語 > 小野小町のどくろ

10月5日の百物語

小野小町のどくろ

小野小町のどくろ
京都府の民話京都府情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
骸骨の折り紙がいこつのあたま

 むかしむかし、京の都に、在原業平(ありわらのなりひら)という有名な歌人がいました。
 平安時代を代表する六人の和歌名人である六歌仙(ろっかせん)の一人で、たいそうな美男子です。
 この業平が若い時、二条の妃を館から誘い出そうとして、妃の兄弟に見つかってしまいました。
「よりにもよって妃をかどわかすとは、とんでもないやつだ」
 そして怒った兄弟は、こらしめの為に業平のまげを短刀で切り取ってしまったのです。
「とほほほ。なんともなさけない姿になってしまった。これでは恥ずかしくて、都を歩く事が出来ない。・・・そうだ、髪が伸びるまで旅に出よう」
 こうして業平は旅を続けて、やがて、みちのく(→東北地方)のやそ島というところのあばら屋に一夜の宿をもとめました。
「どれ、一首よもうか」
 業平が筆を手にすると、あばら屋のまわりの草むらから、
♪秋風のふきちるごとに(秋風がふくたびに)
♪あなめあなめ(ああ目が痛い、目が痛い)
と、和歌の上の句をよむ、美しくも哀れな女の声が聞こえてきました。
「おやっ、なかなかの歌だぞ。しかし上の句だけとは、どうした事だろう?」
 業平は声をたよりに歌の主を探したのですが、誰もいません。
「はて、不思議な事があるものだ」
 業平は首をかしげながらも、眠りにつきました。

 次の朝、業平がもう一度、草むらを探し歩いていると、草むらの中に一つのどくろがあって、その目の穴からススキが生えていました。
 このススキが風にゆれるたびに、目が痛くてたまらなかったのでしょう。
「いったい、誰のどくろだろうか?」
 業平が手を合わせていると、近くに住む村人がやって来て、こう言ったのです。
「それは、小野小町のどくろですよ。
 小町は出羽(では→山形県)から都にのぼり、和歌の名人として名をあげた方です。
 その上、素晴らしい美女で、恋のうわさもかずしれないお人じゃったが、どんな美女でも、いつかはばあさまになられる。
 男から見向きもされなくなった小町は、都から、ひっそり戻って、ここで死なれたんじゃ」
「えっ? これがあの、小町のどくろ!? なんという事だ!」
 業平の目に、思わず涙があふれました。
 絶世の美女で和歌の名人だった小野小町が、今は草むらにどくろをさらしているなんて、なんと哀れな事でしょう。
 そこで業平は、昨日聞いた上の句に、
♪小野とはいわじ(小町のあわれな最後とはいうまい)
♪すすき生いけり(ただ、どくろにススキがはえているだけ)
と、下の句をよんで一首にまとめ、さらに旅を続けたそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     10月 5日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
レモンの日
きょうの誕生花
枸杞(くこ)
きょうの誕生日・出来事
1996年 重本 ことり (モデル)
恋の誕生日占い
読書好きで頭が良く、広い知識を持っています
なぞなぞ小学校
二位がたくさんいる県は?
あこがれの職業紹介
タラソテラピスト
恋の魔法とおまじない 279 おしゃべり上手になる
  10月 5日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
舟の渡し賃
きょうの世界昔話
旅人の夢比べ
きょうの日本民話
人にだまされたタヌキ
きょうのイソップ童話
木こりと松の木
きょうの江戸小話
すり足
きょうの百物語
小野小町のどくろ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識