福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 10月の世界昔話 >旅人の夢比べ フランスの昔話

10月5日の世界の昔話

旅人のゆめくらべ

旅人の夢比べ
フランスの昔話フランスの情報

♪音声配信(html5)
朗読 : 鈴河  運営サイト : 水田の中の隠れ家

 むかしむかし、二人の商人と一人のお百姓が、三人一緒に都へ向かっていなかの道を歩いていました。
 お昼になったので、三人は食事をしようと腰をおろしました。
 ところが食べ物は、小さなパンが一つだけです。
 そこで、一人が言いました。
「こんな小さなパンを、三人で分けてもしかたがないな。どうだろう、何かの勝負をして、勝った者が一人で食べるのは」
「それは良い考えだけど、どんな勝負をするんだ?」
「そうだな、これから三人で昼寝をして、一番素晴らしい夢(ゆめ)を見た者が勝ちにしよう」
「よし、それでいこう」
 さっそく三人は木のかげへ行って、昼寝を始めました。
 しばらくたって、昼寝からさめた三人は、
「ああ、よく寝たな。さて、お互いにどんな素晴らしい夢を見たかな」
と、夢の話しをはじめました。
 まずは、おしゃべり上手な商人の一人が言いました。
「わしは、天国へ行った夢を見たよ。
 天国には、天の使いの鳥に乗って行ったんだ。
 天国はキラキラしていて、どこもかしこも金色に美しく光っていた。
 そして素晴らしい音楽が聞こえ、きれいな花がいっぱいに咲いていた。
 花からは心をあらわれるような、よい香りがただよっていた。
 本当に、素晴らしい夢だったよ」
 するともう一人の商人も、負けじと言いました。
「わたしの夢は、地獄へ行った夢さ。
 地獄はやっぱり、すごいところだった。
 こわい顔の地獄の王さまや家来のオニたちが、とてもいばっていた。
 そして悪い事をした人々が、オニたちにいじめられて苦しそうだったよ」
 もう一人の商人も、地獄の夢を上手に話しました。
「さあ今度は、あんたの番だよ」
 言われたお百姓は、
「うん・・・」
と、言ったきりで、しばらくだまっていました。
 ところがふいにお百姓は三人の前に置いてあるパンを取ると、一人でムシャムシャと食べてしまいました。
「あれっ?」
「おやっ?」
 ほかの二人はびっくりすると、怒り出しました。
「誰の夢が一番素晴らしいか、まだ決まっていないぞ! なのにパンを食べてしまうとは、どういう事だ?!」
 するとお百姓は、すました顔で言いました。
「うん、わたしはね、あんたたちが天国や地獄へ行く夢を見たんだよ。
 天国や地獄へ行った人は、もう戻ってこないだろうと思ってね、わたしは残ったパンを食べたんだ」
 この思いがけない答えに、ほかの二人は、
「これはやられたな」
と、ちょっぴりくやしそうな顔をしましたが、すぐに笑い出しました。
「天国や地獄は遠くても、都まではもうすぐだ。さあはやく都へ行って、うまい物でも食べよう」
 そう言うと三人は、また旅を続けました。

おしまい

前のページへ戻る


     10月 5日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
レモンの日
きょうの誕生花
枸杞(くこ)
きょうの誕生日・出来事
1996年 重本 ことり (モデル)
恋の誕生日占い
読書好きで頭が良く、広い知識を持っています
なぞなぞ小学校
二位がたくさんいる県は?
あこがれの職業紹介
タラソテラピスト
恋の魔法とおまじない 279 おしゃべり上手になる
  10月 5日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
舟の渡し賃
きょうの世界昔話
旅人の夢比べ
きょうの日本民話
人にだまされたタヌキ
きょうのイソップ童話
木こりと松の木
きょうの江戸小話
すり足
きょうの百物語
小野小町のどくろ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識