福娘童話集 > きょうの日本昔話 福娘童話集 きょうの日本昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本昔話 > 10月の日本昔話 > 舟の渡し賃

10月5日の日本の昔話

舟の渡し賃

舟の渡し賃
吉四六(きっちょむ)さん → 吉四六さんについて

♪音声配信(html5)
音声 スタヂオせんむ

 むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。
 ある日の事、吉四六さんは庄屋(しょうや)さんに呼ばれました。
「すまない、吉四六さん。渡し舟の船頭が病気で倒れてしまったんだ。今日だけでいいから、代わりに渡し舟の船頭になってはくれまいか」
「はい、いいですよ」
 そんなわけで、吉四六さんは今日一日、村の渡し舟の船頭です。

「暇じゃな。誰か客が来ないかなあ」
 川縁でタバコを一服していると、旅の侍(さむらい)がやって来ました。
「これ、船頭。渡し賃はいくらだ?」
「はい。片道、八文(→二百四十円ほど)です」
 すると旅の侍は、威張って命令しました。
「八文とは高い。六文にいたせ!」
 吉四六さんは、
(このケチ侍め)
と、思いましたが、侍とけんかをしても負けてしまいます。
「では、舟を出しますよ」
 吉四六さんは、侍を乗せてこぎ出しました。
 ところが、あと少しで向こう岸に着くというところで、吉四六さんは舟を止めました。
「六文では、ここまでです。あと二文出してくれれば、向こう岸まで着けますが、どういたしましょう?」
「何だと。ここで降りて、あとは泳いで行けというのか!」
「いいえ、あと二文出せば、向こう岸までお送りしますよ」
「ええい、こうなれば意地比べだ。向こう岸までやれないのなら、元の岸に戻せ!」
「へい、分かりました」
 吉四六さんは素直に舟を戻すと、侍の前に手を出しました。
「では、六文のところを行って帰って来ましたので、合計十二文ちょうだいいたします」
「・・・くそーっ! わしの負けだ!」
 侍は十二文を払うと、どこかへ行ってしまいました。

おしまい

前のページへ戻る


     10月 5日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
レモンの日
きょうの誕生花
枸杞(くこ)
きょうの誕生日・出来事
1996年 重本 ことり (モデル)
恋の誕生日占い
読書好きで頭が良く、広い知識を持っています
なぞなぞ小学校
二位がたくさんいる県は?
あこがれの職業紹介
タラソテラピスト
恋の魔法とおまじない 279 おしゃべり上手になる
  10月 5日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
舟の渡し賃
きょうの世界昔話
旅人の夢比べ
きょうの日本民話
人にだまされたタヌキ
きょうのイソップ童話
木こりと松の木
きょうの江戸小話
すり足
きょうの百物語
小野小町のどくろ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識