福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 10月の日本民話 > 人にだまされたタヌキ

10月5日の日本民話

人にだまされたタヌキ

人にだまされたタヌキ
和歌山県の民話和歌山県情報

 むかしむかし、あるところに、人をだましては喜んでいるタヌキがいました。
(たいくつだな。だれか来ないかなあ)
 タヌキは大きな木に腰をかけて、誰かが通りかかるのを待っていました。
 すると道のむこうから、お百姓(ひゃくしょう)さんがやってきました。
(しめ、しめ。あいつをだましてやろう)
 タヌキが何に化けようかと考えていると、お百姓さんが木を見上げて言いました。
「この木もずいぶんと古くなったものじゃ。むかしはあそこに、大きな枝がのびていたのになあ」
 するとタヌキが片足をうんとのばして、大きな枝に見せました。
「あれ? ちゃんと枝があるぞ。おかしいなあ。さっき見たときはなかったのに」
 お百姓さんは、何度も首をふりました。
(ふん。おれさまの足とも知らないで。バカなやつ)
 人をだませたので、タヌキはニッコリです。
 するとお百姓さんが、また言いました。
「そういえば、むかしはここにも枝がのびていて、子どものころによくのぼったものだ」
 お百姓さんが左の方を見ると、タヌキはあわててもう一つの足をのばしました。
「あれれ?! おら、頭がおかしくなったのかな? ちゃんと枝があるぞ」
 それを聞いたタヌキはますますうれしくなって、枝のようにのばした二本の足をゆらゆらとゆすってみせました。
 お百姓さんは、タヌキのつかまっている右手の方を見て、
「そうそう、あそこにも枝がのびていたんだ」
 するとタヌキは、右手をずんとのばして枝に見せました。
「それから、こっちにも枝がのびていたはずだ」
 お百姓さんは、タヌキのつかまっている左手の方を見て言いました。
 タヌキは左手もうんとのばして、枝のように見せました。
 そのためタヌキは木の上で、大の字になりました。
(もう、そろそろいいだろう)
 お百姓さんはニヤリと笑うと、ありったけの声で、
「わぁーっ!!」
と、さけびました。
 タヌキはビックリして、のびきった手と足をはなしてしまいました。
 バランスをくずしたタヌキは地面に落っこちて、
 ドッスーン!
と、思いっ切りお尻を打ちました。
 そこへお百姓さんがとびかかると、タヌキをしばりあげて言いました。
「やいタヌキ、まいったか。お前なんかには、だまされないぞ。だいたい、むかしからあんなところに枝なんかあるものか」
 するとタヌキは、泣きそうな声で言いました。
「もう二度と人をだましたりしませんから、どうか助けてください」
「よし、そんなら助けてやろう」
 お百姓さんがタヌキのなわをほどいてやるとタヌキは大喜びで飛び上がり、お尻をさすりながら山の方へ逃げていったということです。

おしまい

前のページへ戻る


     10月 5日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
レモンの日
きょうの誕生花
枸杞(くこ)
きょうの誕生日・出来事
1996年 重本 ことり (モデル)
恋の誕生日占い
読書好きで頭が良く、広い知識を持っています
なぞなぞ小学校
二位がたくさんいる県は?
あこがれの職業紹介
タラソテラピスト
恋の魔法とおまじない 279 おしゃべり上手になる
  10月 5日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
舟の渡し賃
きょうの世界昔話
旅人の夢比べ
きょうの日本民話
人にだまされたタヌキ
きょうのイソップ童話
木こりと松の木
きょうの江戸小話
すり足
きょうの百物語
小野小町のどくろ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識