福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 11月の百物語 > 殿さまを襲ったネコ

11月6日の百物語

殿さまをおそったネコ

殿さまを襲ったネコ
東京都の民話 → 東京都の情報

 むかしむかし、江戸(えど→東京都)に有馬(ありま)という殿さまの屋敷がありました。

 ある春の夜、殿さまが便所(べんじょ)へ行っての帰り、おぼろ月をながめながら渡り廊下を歩いていると、何者かが後ろから駆け寄って来ました。
「何者!」
 殿さまが振り向いた時、相手は両手で殿さまの首をしめつけてきたのです。
 それは見た事もない老婆(ろうば)で、髪をふり乱し、キバをむいて首をしめつけてくるのです。
 老婆とは思えない力に、殿さまの顔からみるみる血の気がなくなっていきました。
 しかし殿さまはあわてる事なく、首をしめつける手を払いのけると、刀を抜いて老婆に切りつけました。
「フギャーー!」
 老婆は叫び声の代わりに、ネコの様な無気味なうなり声を残して走り去りました。
「殿、いかがなさいましたか?」
 騒ぎを聞きつけた家来が、明かりを持って駆けつけました。
「何者かが、わしの首をしめようとしたので、切りつけたら逃げて行きおった。わしは大丈夫だから、いたずらに騒ぐでないぞ」
 殿さまはそれだけ言うと、何事もなかった様に部屋へ戻って行きました。

 翌朝、殿さまは家老(かろう)を呼び出してたずねました。
「家来の中で、まだ出仕(しゅっし→勤めに出る事)していない者はないか?」
「ゆうべの事と、何かかかわりでもあるのでしょうか?」
「・・・・・・」
 家老の問いに、殿さまは何も答えませんでした。

 家老が調べると、同じ家老仲間である角田要助(つのだようすけ)という男が、まだ出仕していない事がわかりました。
 そしてすぐに、角田の家へ使いを出したところ、
「実は昨夜、母が急病で倒れて、今も起きる事が出来ないのです。すぐ医者を呼び寄せましたが、どういうわけか母は部屋にひきこもり、誰も中へ入れてくれずに困っているのです」
と、言うのです。
 家老はその事を、殿さまに伝えました。
 すると殿さまは要助(ようすけ)を呼び出して、ゆうべの出来事を伝えました。
「すると殿は、その老婆がわたくしの母ではないかと?」
 要助が顔色を変えてたずねると、殿さまは首を振って言いました。
「いや、そうだと言っているのではない。ただ世間(せけん)のうわさでは、化け物が老人にとりつく事があるという。そちの母も、とくと気をつけよ」
「・・・かしこまりました」
 おとなしく引き下がったものの、要助は不愉快でした。
(いくら殿でも、母上を化け物あつかいするとはあんまりだ。この上は母上の容体(ようたい)を見極めて、殿に申し開きをしなくては気がおさまらぬ)
 そこで要助は家に戻るなり、母親の寝ている部屋に駆けつけました。
「誰じゃ? 誰もここに近づいてはならぬと言ったであろう!」
 母親の声に、要助が答えました。
「要助でございます。どうしても母上の容体を見届けたくて、参りました」
「ならぬ! たとえ我が子でも、中へ入る事を許さん。早く立ち去れ!」
「しかし、母上にもしもの事があればどうなります。ご病気なら、医者にも診せなくては」
「心配はいらん。二、三日休んでいれば、きっとよくなる」
「ですが」
「ならぬと言っておるだろう!」
 要助がいくら頼んでも、母親は中へ入る事を許してくれません。
(あの心優しい母上が、これほどまでにこばむとは。・・・これはもしかして、殿の言う事が本当かもしれない)
 がまん出来なくなった要助は、戸を開けて中へ飛び込みました。
「これほど言っても、まだわからんのか!」
 母親が怖い顔で要助をにらみつけましたが、要助はそのまま母親の布団(ふとん)を引きはがしました。
「ごめん!」
 すると布団には、黒々と血の跡がついているではありませんか。
 よく見ると母親は右の肩に大きなけがをしていて、着物の上まで血がにじみ出ています。
「これは、ひどい」
 その時、要助の頭に、殿さまを襲う老婆の姿が浮かびました。
(しかし、まさか母上にかぎって。それにそもそも、母上には殿を襲う理由はないではないか。だがそれにしても、なぜ大けがを隠すのだ?)
 要助には母親のあやしげな態度が、どうしても納得出来ません。
「どこで、こんな大けがをしたのです」
 要助があらためて母親にたずねると、母親は黙ったまま要助をにらみつけます。
 目がらんらんと光り、今にも飛び掛ってきそうです。
 いかに病気とはいえ、こんなに恐ろしい母親の顔を見たのは初めてです。
(もはや、これまでだ。もし本当に母上であったなら、自分も腹を切って母上の後を追おう)
 要助は覚悟を決めると、を抜いて母親に切りつけました。
「ギャオォォォー!」
 母親がすさまじい叫び声をあげて起き上がろうとするところを、要助は胸元めがけて力一杯刀を突き刺します。
「なんて事を」
 叫び声を聞いて駆けつけた家の者たちは、腰を抜かさんばかりに驚きました。
 要助は刀を持ったまま、母親の死骸(しがい)を見つめていました。
 すると不思議な事に、母親の体はだんだんと形がくずれてきて、やがてネコの姿が現れたのです。
 そのネコは、頭から尻尾の先まで三尺(→約一メートル)ほどもある古ネコでした。
「やっぱり、母上ではなかったか」
 気をとりなおした要助は、家の者たちに命じました。
「今から殿のところへ行く。わたしが帰って来るまで、この事は秘密にしておけ」

 殿さまの屋敷へ行った要助は、殿さまに会うなり頭を下げました。
「角田要助(かくたようすけ)、殿の眼力(がんりき)には、ほとほと感服(かんぷく)つかまつりました」
 そしてこれまでの事を、殿さまに詳しく報告しました。
 話をじっと聞いていた殿さまが、要助に言いました。
「やはり、そうであったか。
 だがこの事は、決して他人にもらすでないぞ。
 母は、病死という事にしておけ。
 ・・・それから、化け物とはいえ、母の姿をした者に刀を向けるのはつらかったであろう。
 すまぬ、どうか許してくれ」
 これを聞いて、要助はあらためて殿さまの思いやりに感謝しました。

 再び家に戻った要助は、家の者に命じてネコの死骸(しがい)を片付けると、母親の部屋の床下を掘らせてみました。
 すると要助の思った通り、床下からガイコツになった母が出てきました。
 骨の様子から見て、数年はたっています。
 要助うかつにも母親を食い殺したネコを、今まで本当の母親と思ってつくしてきたのです。
「母上、どうぞお許しください」
 要助は一つ残らず母親の骨を拾って、骨(こつ)つぼにおさめました。

 要助はせめてもの供養(くよう)にと、近くの寺で盛大(せいだい)な葬儀(そうぎ→そうしき)を行いました。
 葬儀には殿さまもわざわざ来てくれて、要助の母親の為に手を合わせてくれました。

おしまい

前のページへ戻る


     11月 6日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
お見合いの日
きょうの誕生花
真葛(さねかずら)
きょうの誕生日・出来事
1967年 松岡修造(タレント)
恋の誕生日占い
話し上手で、みんなの意見をまとめるのが得意
なぞなぞ小学校
菊人形の中に詰まっている物は?
あこがれの職業紹介
Webディレクター
恋の魔法とおまじない 311
うわさをされるとくしゃみが出る
  11月 6日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
風小僧と子どもたち
きょうの世界昔話
田植え名人
きょうの日本民話
暗闇の黒ウシ
きょうのイソップ童話
イバラを食べるロバとキツネ
きょうの江戸小話
無言比べ(むごんくらべ)
きょうの百物語
殿さまを襲ったネコ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識