童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集 福娘童話集 きょうの百物語
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 12月の百物語 >お化け見物

12月1日の百物語

お化け見物

お化け見物
三重県の民話三重県情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
お化けの折り紙おばけ

♪音声配信(html5)
朗読者 ; おはなし パタくん

 むかしむかし、伊勢の国(いせのくに→三重県)の津(つ)というところに、一人の侍が住んでいました。
 とても変わった男で、お化けや幽霊が大好きなのです。
 お化けや幽霊も、その事を知っているのか、この侍の家には、毎日の様にあやしい事が起こる様になりました。

 ある晩、侍が夜中にふと目を覚ますと、座敷の方から何やらにぎやかな音が聞こえてきます。
「はて? こんな夜中に何だろう?」
 侍が座敷へ行ってみると、たんすの引き出しが一人でに開くと、中から出てきた着物がヒラヒラと踊っているではありませんか。
 お化け好きな侍は、それを見ると手を叩いて喜びました。
「よっ、いいぞ。もっともっと、踊れ」
 するとそのうちに、部屋にあった机やざぶとんも、ピョンピョンと踊りはじめます。
 そして棚にかざってあった人形までもが、輪になって踊り出しました。
 侍は、いよいよおもしろがって、
「おい、火ばち。じっとしていないで、お前も踊れ」
と、言うと、重い火ばちもフワフワと浮かんで、ゆらゆらと踊り出しました。
 そのうちに、酒どっくりも踊り出したので、侍が、
「こら、お前は踊らんでもいい。それよりも、わしのさかづきに酒をつげ」
と、言うと、酒どっくりは仕方なく宙に浮いたまま、侍の持つさかづきに何度も酒をつぎました。
 これには、お化けも弱ってしまい、踊っていた品物は次々と元の場所へ帰って行きました。
「なんだ、なんだ。もう、おしまいか? どんなお化けか知らんが、なさけないやつだ」
 侍はそう言うと、そのまま大の字になって寝てしまいました。
 人をおどかすお化けが、人に喜ばれては立場がありません。
 お化けたちはそれからというもの、侍が家にいる時に出て来る事はありませんでした。

 ところが侍が殿さまにお供で、遠くの国へ出かける事になったのです。
 するとその晩、さっそくお化けたちは大騒ぎを始めました。
 夜中に座敷の方で何やら騒がしい音がするので、奥さんや家の者たちが行ってみるとどうでしょう。
 着物や家の道具だけでなく、一つ目小僧やろくろっ首にカラカサお化けまでもが、陽気に踊りまくっているのです。
 みんなはびっくりして、その場に腰を抜かしてしまいました。

 時が過ぎ、やがて一番鳥が鳴き出すと、お化けたちの姿はすうっと消えて、着物も家の道具も元のところにもどって静かになりました。
「やれ、やれ、助かった」
 みんなはほっとして、お互いの無事を喜びました。
 しかし考えてみると、この家のお化けは、ただ踊るだけのゆかいなお化けで、踊り終わった後は、きちんと後片付けもするし、物を壊したり人に怪我をさせるわけではありません。
 そこで奥さんが、こう言いました。
「こんな事ぐらいでおどろいていては、主人に申し訳がありません。今夜はひとつ、みんなで腰をすえて、お化けの踊りを見物しましょう」
「なるほど、奥方のおっしゃる通りだ。
 御主人がきもっ玉の太い人として有名でも、家の者が腰抜けでは世間の笑い者になる。
 それにもし何かがあれば、みんなでお化けをやっつけようではないか」
 家の者たちも、覚悟を決めました。

 さて、その晩は家中の者が座敷に集まって、お化けが出て来るのを待つ事にしました。
 奥さんは、眠そうな子どもたちも座敷に座らせて、
「もうすぐ、おもしろい物が見られるからね」
と、子どもたちをはげましました。
 やがて真夜中になると座敷の戸がすうっと開いて、奥さんの着物が出て来ました。
 続いて女中さんや子どもの着物が出て来ると、着物たちはみんな輪になって、ゆらりゆらりと踊り始めました。
♪ピー、ピー、ピイヒャラリー
♪ピイヒャラリー、ピイヒャラリー
♪ドンドンドン。
 お祭りの様な音がしたかと思うと、座敷にあった道具が次々と宙に浮かび、台所のなべまでが飛んで来ました。
 そのにぎやかな事、子どもたちも奥さんも家の者たちも、その不思議な出来事に大喜びです。
 そしてお化けが小鬼の姿になって座敷に現れると、みんなは大きな声で、
「よっ、待ってました」
と、大きな拍手です。
 人間に大喜びされたお化けは、くやしいやらなさけないやら。
(何て奴らだ。ゆうべはあんなに怖がっていたくせに。まったく、この家の連中は)
 それでも、しばらくは意地になって踊っていたのですが、やがて宙に浮いていた物たちが元の場所へ帰って行き、座敷の中は静かになりました。
「あれえ、今夜はもうおしまいか?」
「そうだ、そうだ。せっかく、おもしろくなってきたのに」
「おい、お化けたちよ。頼むから、もう一度出てくれよ」
 家のみんなは口々に言いましたが、お化けが出て来る事は、二度となかったそうです。

おしまい

※ この朗読は、以下の方により、ご提供を受けた作品です。

おはなしパタくんへのリンクURL
http://patakun.seesaa.net/

前のページへ戻る


     12月 1日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
映画の日
きょうの誕生花
ドラセナ(Dracaena)
きょうの誕生日・出来事
1995年 山上暁之進(マジシャン)
恋の誕生日占い
運動神経が良く、体を動かすのが大好き
なぞなぞ小学校
お日さまから生まれた物は?
あこがれの職業紹介
不動産営業スタッフ
恋の魔法とおまじない 336
スタイルが良くなるおまじない
  12月 1日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
一寸法師
きょうの世界昔話
フランダースのイヌ
きょうの日本民話
ネコの宮
きょうのイソップ童話
キツネとカラス
きょうの江戸小話
えんまの考え
きょうの百物語
お化け見物
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識