福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 12月の百物語 >夕焼けナスビ

12月2日の百物語

夕やけナスビ

夕焼けナスビ

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
茄子の折り紙なすび

 むかしむかし、深い山の中に、鬼山村(おにやまむら)という村がありました。
 ここ村人たちは人と付き合うのをひどく嫌って、村から外へ出る事がありません。
 それでも生活に必要な塩を買う時だけは、いくら人嫌いな村人たちも仕方なく浜野村(はまのむら)まで塩を買いに行くのでした。
 けれど自分たちの姿が見られるのが嫌なので、買い物をすませるとまるで消える様に帰ってしまうのです。
 だからよその村人たちは、鬼山村の者をほとんど見た事がありませんでした。

 ある日の事。
 浜野村の男が鬼山村の人をからかってやろうと、一人で村を訪ねていきました。
 ところが村には人影どころか、ネコの子一匹見えません。
「なんだ、これではからかいようがないではないか」
 そこで男は、誰でもいいから外に呼び出してやろうと大声で叫びました。
「おらの畑のナスビは、すごくでっかくて、たくさんあるんだぞー!」
「・・・・・・」
 家の中に人がいる気配はするのですが、誰も外へは出てきません。
 男は前より、もっと大きな声で叫びました。
「おーい! お前んとこの塩をちっとくれたら、おれの広い畑のでっかいナスビを、みんなくれてやるぞー!」
 それでも家からは、誰も出てきません。
「ちえっ。おもしろくねえ」
 男はぶつぶつ言いながら、自分の村の方へ帰って行きました。
 すると、どうでしょう。
 たくさんのナスビが夕焼けの空をうずめるようにして、自分の頭の上を飛んで行くではありませんか。
 ナスビは浜野村の方から飛んできて、鬼山村の方へと向かっています。
「もしかして!」
 男があわてて自分の畑に行ってみると、なんとナスビは一つ残らずなくなって、一面のぼうず畑になっていたのです。
「おっ、おれのナスビが・・・」
 男がガッカリして家に帰ってみると、家の門の前に塩が一つまみ、チョコンと置いててあったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     12月 2日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
原子炉の日
きょうの誕生花
ユーカリ(Eucalyptus)
きょうの誕生日・出来事
1995年 水瀬いのり(声優)
恋の誕生日占い
明るくてまじめな、友達思いの女の子
なぞなぞ小学校
羊が大きくなると、どうなる?
あこがれの職業紹介
不動産鑑定士
恋の魔法とおまじない 337
友達とのケンカを仲直りさせる
  12月 2日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
山の神がくれたお嫁さん
きょうの世界昔話
けものたちの内緒話
きょうの日本民話
人魚が教えてくれた秘密
きょうのイソップ童話
コウモリとイバラとカモメ
きょうの江戸小話
富士山の入れ物
きょうの百物語
夕焼けナスビ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識