福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 12月の百物語 >番町皿屋敷

12月3日の百物語

番町皿屋敷

番町皿屋敷
東京都の民話 → 東京都の情報

※本作品は、読者からの投稿作品です。 投稿希望は、メールをお送りください。→連絡先

投稿者 「櫻井園子」  櫻井園子エス代表 《櫻井園子キャンドルWEB販売》

♪音声配信(html5)
朗読者 ; スタヂオせんむ

 むかし、江戸の番町のあるお屋敷に、おきくという、とても美しい腰元(こしもと)がいました。
 腰元とは、殿さまの身の回りのお世話をする女の人です。
 お屋敷には何人もの腰元がいましたが、殿さまの青山播磨(あおやまはりま)は、おきくが大のお気に入りです。
 いつも、
「おきく、おきく」
と、おきくを可愛がっていました。
 他の腰元たちは、おもしろくありません。
「ふん、何よ。おきく、おきくって」
「おきくも、おきくよ。ちょっと美人だからって、いい気になっちゃってさ」
「ねえ、おきくを、ちょっと困らせてやろうよ」
「いいわね。で、どうする?」
 腰元たちは、悪い相談を始めました。
 それは、殿さまが大事にしている十枚一組の絵皿の一枚を隠して、おきくのせいにしてやろうというものです。
 この絵皿は先祖から伝わる家宝で、一枚がかけても価値がなくなってしまいます。

 ある日、青山が久しぶりに十枚の絵皿をながめようとしたのですが、絵皿が九枚しかありません。
「これは一体?!」
 そこで青山は、さっそく腰元たちを呼びつけました。
 すると腰元たちは口をそろえて、
「その絵皿なら、おきくが割りました」
「おきくが割って、どこかへ捨ててしまいました」
「犯人は、おきくに間違いありません」
と、青山に嘘を言ったのです。
 これを聞いて青山は、おきくを厳しく叱りました。
「おきく! 絵皿を割った事を、なぜ言わなかったのだ」
「絵皿? わたくしには、何の事やら」
「嘘を言うな! 自分が割ったと正直に言えば、許してやる」
「いいえ。わたくしには、全く身に覚えがございません。何かのお間違えです」
「えーい! 寛大に許してやると言っておるのに、まだ言い逃れをするつもりか!」
「でもわたくしは、何も知りません」
「まだ言うか! 顔も見とうない! 出て行け!」
 かわいそうに、おきくはその晩、屋敷の井戸(いど)に身を投げて死んでしまいました。

 さて、それから真夜中になると、屋敷の井戸の中から、
「一ま〜い、二ま〜い、三ま〜い、四ま〜い、五ま〜い、六ま〜い、七ま〜い、八ま〜い、九ま〜い、・・・ああ、うらめしやぁ〜」
と、あわれきわまりない声で、絵皿を数える声が聞こえるのです。
 そして、お屋敷には不幸な事が続いて、青山も腰元たちも次々と死んでしまいました。

おしまい

 ※岡本綺堂作の戯曲(1916年(大正5)初演)では、お菊が恋仲の青山播磨の気持ちを試そうと、自分で家宝の皿を割った事になっています。

前のページへ戻る


     12月 3日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
奇術の日
きょうの誕生花
ネフロレピス(Nephrolepis exaltata)
きょうの誕生日・出来事
1976年 岡本知高 (オペラ歌手)
恋の誕生日占い
笑顔がとてもチャーミングで、見た目は完全にお嬢様
なぞなぞ小学校
重い物に力を加えると、どうなる?
あこがれの職業紹介
経営コンサルタント
恋の魔法とおまじない 338
新しい出会いのチャンス
  12月 3日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
娘の助言
きょうの世界昔話
運の良い男
きょうの日本民話
サルと槍使い
きょうのイソップ童話
ヒバリ
きょうの江戸小話
こまったくせ
きょうの百物語
番町皿屋敷
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識