福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 12月の百物語 > 牛鬼

12月30日の百物語

牛鬼

牛鬼 大晦日

 むかしむかし、ある海辺の村に、貧乏な夫婦がいました。
 夫婦は毎日浜に出て魚や貝を取っては、それを売って暮らしていました。

 ある年の、大晦日の事です。
 普通なら仕事を休んで、お正月の支度をするのですが、貧乏な夫婦はいつもと変わりなく浜へ出かけました。
 冷たい風が吹くなか、二人が魚や貝を取っていると、いつしか日が暮れてきました。
「もう、そろそろ帰ろうか?」
「そうね、帰りましょう」
 そして夫婦が帰ろうとしたその時、風の音にまじって、
「モォーーーッ!」
と、不気味な声が聞こえました。
「おや、なんだろう?」
 夫婦が声のした海の方をながめると、頭が牛で体が鬼の体をした化け物が波間から姿を現して、こちらに向かって来るではありませんか。
「逃げろ! 牛鬼だー!」
 夫婦は魚も貝も放り出して、一目散に逃げ出しました。
「モォーーーッ!」
 牛鬼は長い首を振りながら、逃げる二人を追いかけてきます。
「もうすぐだ! はやく家に入れ!」
 夫婦はやっとの事で漁師小屋に逃げ込むと、急いで戸を閉めました。
 逃げ込んだ夫婦がガタガタと震えていると、牛鬼は小屋の周りを何度も回ったすえ、いかにも残念という様に、
「モォーーーーーーーーーッ!」
と、ひと声うなると、海へ帰って行きました。
 二人はあまりの恐ろしさに、しばらく口がきけませんでした。

 この出来事があってから、村人たちは、
『大晦日に浜で仕事をすると、牛鬼が出る』
と、恐れて、大晦日は海に近づかなくなったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     12月30日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
正月飾りの日
きょうの誕生花
藪柑子(やぶこうじ)
きょうの誕生日・出来事
1971年 元木大介 (タレント)
恋の誕生日占い
誰にでも優しくて落ち着いた女の子
なぞなぞ小学校
教頭先生が生まれた都道府県は?
あこがれの職業紹介
ISO審査員
恋の魔法とおまじない 365
授業中に眠くならないおまじない
 12月30日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
西宮エビスは丹後の泣きエビス
きょうの世界昔話
物知りフクロウ
きょうの日本民話
とうがらし売りとかき売り
きょうのイソップ童話
かじ屋とイヌ
きょうの江戸小話
雪やこんご
きょうの百物語
牛鬼
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識