福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 12月の日本民話 > 唐辛子売りと柿売り

12月30日の日本民話

とうがらし売りとかき売り

唐辛子(とうがらし)売りと柿(かき)売り
山形県の民話山形県情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : スタヂオせんむ

 むかしむかし、唐辛子(とうがらし)売りと柿(かき)売りが、雪の降る道で一緒になりました。
「ひどい雪だな」
「まったくだ。これじゃ、商売にならん」
 話しながら歩いているうちにも雪はだんだん激しくなり、とうとう吹雪になりました。
「これは、下手に動き回ると危ないぞ」
「仕方ない。しばらく、じっとしていよう」
 二人は雪の中で身を寄せ合い、じっと座っていました。
 やがて辺りが、だんだんと暗くなってきました。
「ああ、お腹がへったなあ」
 柿売りは、売り物の柿を食べ始めました。
 それを見て、唐辛子売りはゴクリとつばを飲み込みました。
「すまんが、わしにも柿を分けてくれないか。その代わりに、わしの唐辛子をやるから」
 すると、柿売りは、
「とんでもない。唐辛子なんか、腹の足しになるもんか」
と、柿をしっかりと抱きしめました。
「・・・」
 唐辛子売りは仕方なく雪で団子を作ると、その上に唐辛子の粉をふって食べてみました。
「!!!」
 唐辛子の雪団子は辛いばかりで、ちっともおいしくありません。
 それでもがまんして飲み込むと、お腹の中がきゅっと熱くなりました。
「ひえっー!」
 唐辛子売りは、目から涙をこぼしました。
 それを見て、柿売りが鼻で笑います。
「それみろ。唐辛子なんか、食えるもんか」
 柿売りはそう言って、また一つ柿を食べました。

 さて、柿と言う食べ物には、体を冷やす効果があります。
 柿売りは雪の中で冷たい柿を何個も食べたので、体が冷えてガタガタと震え出しました。
 一方、唐辛子と言う食べ物には、体を温める効果があります。
 唐辛子の粉を振りかけた雪団子を食べた唐辛子売りは、手足に汗をかくほど体が温まってきました。
「うーっ、寒い寒い」
「あーっ、なんだか汗ばんできたな」
 寒さに平気な唐辛子売りを見て、寒さに震える柿売りが言いました。
「すまんが、わしにも唐辛子を分けてくれないか。その代わり、わしの柿をあげるから」
「とんでもない。柿なんか食っても、体が冷えるばかりだ」
 唐辛子売りは、唐辛子の包みをしっかりと抱きしめました。
「・・・」

 やがて吹雪は、ますます強くなってきました。
 唐辛子売りは、それからも唐辛子の雪団子をせっせと食べました。
 おかげで体が火の様に熱くなり、顔がまっ赤になりました。

 さて、朝になってようやく雪がやんだ時、唐辛子売りはとても元気でしたが、柿売りはすっかり冷たくなっていたそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     12月30日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
正月飾りの日
きょうの誕生花
藪柑子(やぶこうじ)
きょうの誕生日・出来事
1971年 元木大介 (タレント)
恋の誕生日占い
誰にでも優しくて落ち着いた女の子
なぞなぞ小学校
教頭先生が生まれた都道府県は?
あこがれの職業紹介
ISO審査員
恋の魔法とおまじない 365
授業中に眠くならないおまじない
 12月30日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
西宮エビスは丹後の泣きエビス
きょうの世界昔話
物知りフクロウ
きょうの日本民話
とうがらし売りとかき売り
きょうのイソップ童話
かじ屋とイヌ
きょうの江戸小話
雪やこんご
きょうの百物語
牛鬼
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識