福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 6月の江戸小話 > るすばんめがね

6月10日の小話

るすばんめがね

るすばんめがね

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 むかし、江戸の神田(かんだ)に、有名なはんこ屋がありました。
 そこの親父さんは目が悪く、いつもめがねをかけて仕事をしています。

 ある日の事、一人のお客がやって来ました。
 お客ははんこを注文して、先にお金を払うと。
「この十日に取りに来るから、その日にきちんと仕上げてください」
「はい、しょうちしました。十日には、必ずお渡しいたします」
 はんこ屋の親父さんは約束すると、お金を受け取りました。

 さて、十日になりました。
 店にあのお客が、はんこを取りにやってきました。
 ところがちょうど親父さんが留守で、一人息子が店番をしています。
「注文したはんこを、受け取りに来ました」
 お客が言うと、息子は不思議そうに首をかしげて、
「あんたさんは、このあたりの方ではござりませんな。見も知らぬお方に大事な品を、お渡しすることは出来ませんよ」
と、言うではありませんか。
 お客は、びっくりして、
「あの時、お前さんは親父どののそばに、ちゃんとすわっておったではないか。それを知らぬとは、とんだ事を言われる」
「そうは申されても、わたくしも、留守をあずかる者。見知らぬ方に大事なはんは、渡されませぬ」
 お客はすっかり腹を立てて、大きな声で言いました。
「わたしは今夜の船で、大阪へ行かねばならんのだ! だからどうしても、はんがいるのじゃ! 代金だって、前払いしたのに」
 それを聞いた息子は、
(ああっ、あの時の客か)
と、やっと思い出しました。
 でも、今さらあやまるのもくやしいので、親父さんの仕事机の引き出しから、いつも親父さんがかけているめがねを取り出してかけました。
「わたくしは、あなたさまを見知りませぬが、こうして親父どののめがねをかけて拝見(はいけん)いたしますと・・・。ああなるほど。あなたは確かに、先日おいでのお客さま。はいでは、これを」
 そう言って、出来上がったはんをお客の前にさし出しました。

♪ちゃんちゃん
(おしまい)

前のページへ戻る


     6月10日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
路面電車の日
きょうの誕生花
アカンサス(Acanthus)
きょうの誕生日・出来事
1977年 松たか子(女優)
恋の誕生日占い
甘え上手で、人を引きつける魅力の持ち主
なぞなぞ小学校
お客さんの前なのに、いつも後ろを向いている人は?
あこがれの職業紹介
タレント
恋の魔法とおまじない 162
女子の魅力アップ
  6月10日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
テングの隠れみの
きょうの世界昔話
ヘビの魔法
きょうの日本民話
犬石(いぬいし)
きょうのイソップ童話
ワシの真似をしたカラス
きょうの江戸小話
るすばんめがね
きょうの百物語
ろくろっ首
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識