福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 8月の江戸小話 > 番町皿屋敷(ばんちょうさらやしき)

8月13日の小話

番町皿屋敷

番町皿屋敷(ばんちょうさらやしき)

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 ここはあの有名な、番町(ばんちょう)、青山播磨(あおやまはりま)の古屋敷(ふるやしき)です。
 古井戸(ふるいど)から美人のお菊(きく)の幽霊(ゆうれい)が現れるというので、毎晩毎晩、大変なにぎわいです。
 そのうちに、夜泣きそばに、だんご屋、おでん屋までが店を出すというしまつ。

 さて、ある晩の事。
 見物人(けんぶつにん)は、今か今かと幽霊が出るのを待っていました。
 じこくは、草木もねむるうしみつ時です。
 どこからか青い火が出てきたかと思うと、井戸の中からスーーッと、お菊の幽霊が現れました。
「いよう、お菊さーん」
「待ってました」
「しっ。静かに、静かに、静かに・・・」
 みんなは耳をそばだてて、お菊の声を待ちました。
「・・・一まい、・・・二まい、・・・三まい」
 いつものようにお菊の幽霊が、細い震える声で皿を数え始めました。
 みんなはガタガタと震えながらも、お菊の美しい声に聞きほれていると、いつもは九まいで終わるはずの声が、
「・・・十まい、・・・十一まい、・・・十二まい」
と、続いて、やがて、
「・・・十八まい。」
と、そこまで数えてから、スーッと井戸へ消えようとします。
 見物人は、あわててお菊の幽霊に声をかけました。
「ちょっと、お菊さん。待ってくれ」
「今晩は、いつもより、数える数が多くないか?」
「おまけですかい?」
 するとお菊の幽霊は、さびしく笑って言いました。
「実はかぜ気味なので、明日の分まで数えました」

♪ちゃんちゃん
(おしまい)

前のページへ戻る


     8月13日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
左利きの日
きょうの誕生花
鷺草(さぎそう)
きょうの誕生日・出来事
1973年 篠原涼子(女優)
恋の誕生日占い
明るくて元気なチャレンジャー
なぞなぞ小学校
無口な風は? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
オプティシャン・オプトメトリスト
恋の魔法とおまじない 226
家族の絆を強める
  8月13日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ウサギとカメとフクロウ
きょうの世界昔話
つぐみのひげの王さま
きょうの日本民話
若狭姫(わかさひめ)
きょうのイソップ童話
神さまの像を運ぶロバ
きょうの江戸小話
番町皿屋敷
きょうの百物語
船幽霊
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識