福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 8月の日本民話 >若狭姫(わかさひめ)

8月13日の日本民話

若狭姫(わかさひめ)

若狭姫(わかさひめ)
鹿児島県 種子島の民話 → 鹿児島県の情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : スタヂオせんむ

 1543年9月23日、種子島に漂着したポルトガル人の乗組員から、二挺の鉄砲が日本へ伝わりました。
 当時の島主である十六歳の種子島時尭(たねがしまときたか)は、轟音とともに、はるか遠くの的を射抜く不思議な武器に夢中になり、種子島に漂着したポルトガル人から、今のお金で一億以上の大金で二挺の鉄砲を買い取ったのです。
 そして、その鉄砲と同じ物を作らせようと考えた時尭(ときたか)は、鍛冶屋の頭領である八板金兵衛清定(やいたきんべえきよさだ)に白羽の矢を立てました。
「これは鉄砲といって、弓矢よりもはるかに強力な武器だ。使い方一つでは、日本を変えるかもしれん。金兵衛よ、これと同じ物を作ってくれ」
 島主からあずかった一挺の鉄砲を、おそるおそる分解した金兵衛(きんべえ)は、寝食を忘れて鉄砲の研究をしました。
 さて、金兵衛には美しく優しい娘がいて、名を若狭(わかさ)と言います。
 若狭は女ながら金兵衛の仕事をずいぶんと助けて、鉄砲の研究はどんどん進みました。
 しかし、どうしても銃身の底の作り方がわからないのです。
 さすがの名人にもどうする事も出来ず、異国のポルトガル人にその製法を聞きました。
 するとポルトガル人は、
「あはははは。銃身の底を作る技術は、われわれポルトガル人の秘密の技術です。小さな島国の原住民に開発するのは、とうてい無理でしょう。ですが、お嬢さんの若狭を嫁にくれるなら、製法を教えてもよいですよ」
と、言ってきたのです。
 銃身の底をふさいでいるのは、実はただのネジだったのですが、当時の日本にはネジという物がなかったのです。
「大切な娘を、異国の人間の嫁にはやれん!」
 金兵衛は、きっぱりと断り、必死に銃底の改良に取り組みましたが、どう頑張ってもうまくいきません。
 そのうちにその話が、若狭の耳に入ってしまいました。
「私が異人の嫁になれば、父の助けになる」
 十七歳の若狭は思い悩みましたが、父の為にポルトガル人の妻になる事を決心したのです。
 こうして銃底を塞ぐネジの存在を知った金兵衛の手によって、国産第一号の鉄砲である『種子島銃』が完成したのです。
 一方、ポルトガル人の妻となった若狭は、まもなく日本を去りましたが、翌年、再び島に帰ってきました。
 その時、父の金兵衛は二度と若狭が連れて行かれないようにと、若狭が急死したと言って、うその葬式を出したのです。
 ポルトガル人の夫はそのうそを見抜きましたが、愛する妻の若狭が故郷にいたいのならと、そのままポルトガルに帰っていったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     8月13日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
左利きの日
きょうの誕生花
鷺草(さぎそう)
きょうの誕生日・出来事
1973年 篠原涼子(女優)
恋の誕生日占い
明るくて元気なチャレンジャー
なぞなぞ小学校
無口な風は? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
オプティシャン・オプトメトリスト
恋の魔法とおまじない 226
家族の絆を強める
  8月13日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ウサギとカメとフクロウ
きょうの世界昔話
つぐみのひげの王さま
きょうの日本民話
若狭姫(わかさひめ)
きょうのイソップ童話
神さまの像を運ぶロバ
きょうの江戸小話
番町皿屋敷
きょうの百物語
船幽霊
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識