福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 8月の江戸小話 > 幽霊(ゆうれい)の命もこれっきり

8月25日の小話

ゆうれいの命もこれっきり

幽霊(ゆうれい)の命もこれっきり

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 夕涼みに来た若者たちが、集まって話していました。
「何でも西寺(さいじ→京都)の墓地から、幽霊(ゆうれい)が出るんだってな」
「おお、そうよ。みんな怖がって、近頃は人っ子一人、通らぬそうだ」
 すると、力自慢の男が言いました。
「幽霊ごときで情けない。おれが行って、退治してくれるわ」
「退治って、大丈夫か?」
「大丈夫。任せておけ」
 男はポンと胸をたたくと、お酒を一杯ひっかけて出かけました。

 墓地についた男は大きな墓石(はかいし)のかげで、幽霊が出るのを今か今かと待ちました。
 するとうわさ通り、夜中になると、
♪ ヒューッ、ドロドロドロドロー
と、墓石のすき間から幽霊が出てきて、ふらふらと墓地のはずれの方へ出かけていきます。
「いまだ!」
 男は用意してきたねん土を取り出すと、幽霊が出てきた墓石のすき間に押し詰めて、また墓石のかげに隠れました。
 しばらくして幽霊は戻ってきましたが、墓石のすき間がなくなっているので墓に戻ることが出来ません。
♪ヒューッ、ドロドロドロドロー
♪ヒューッ、ドロドロドロドロー
 幽霊は何度もためしましたが、どうしても墓に戻ることが出来ません。
 やがて一番どりが鳴き始めると、幽霊はへなへなとしゃがみ込んで言いました。
「ああ、わたしの命も、もうこれっきりだ」

♪ちゃんちゃん
(おしまい)

前のページへ戻る


     8月25日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
即席ラーメン記念日
きょうの誕生花
檜扇(ひおうぎ)
きょうの誕生日・出来事
1967年 檜山修之(声優)
恋の誕生日占い
ドレスよりも着物が似合う、和風の女の子
なぞなぞ小学校
いくら洗っても黒いままだけど、年を取ると白くなっていくのは?
あこがれの職業紹介
心理カウンセラー
恋の魔法とおまじない 238
行方不明のペットが帰るおまじない
  8月25日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
花嫁になりそこねたネコ
きょうの世界昔話
娘ネズミのスープ作り
きょうの日本民話
ニワトリの恩返し
きょうのイソップ童話
キツネとヤギ
きょうの江戸小話
幽霊の命もこれっきり
きょうの百物語
お化け灯篭(どうろう)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識