福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 8月の日本民話 > ニワトリの恩返し

8月25日の日本民話

ニワトリの恩返し

ニワトリの恩返し
青森県の民話青森県情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
ニワトリの折り紙にわとり   ニワトリ2の折り紙にわとりA

 むかし、ある村のお寺の和尚(おしょう)さんが、北海道から帰ってくる時の事。
 連絡船(れんらくせん)の船室で眠っていた和尚さんは、不思議な夢を見ました。
 夢には一羽のニワトリが現れて、こう言うのです。
「わたしは、この船に乗っているニワトリです。夜明け前には、飼い主に殺されて食べられてしまいます。どうかわたしを、助けてください。わたしの命を、六十銭で買い取ってください。和尚さま、どうかお願いいたします」
 言い終わると、ニワトリはペコリと頭を下げて消えました。
 目を覚ました和尚さんは、
「不思議な夢じゃ。しかしまあ、ただの夢だ」
と、思いましたが、とりあえずお供の小僧(こぞう)さんに一円札を持たせて言いました。
「ニワトリをつれている人がいたら、その人からニワトリを買い取りなさい」
 すると小僧さんは、しばらくしてカゴに入ったニワトリと、つり銭の四十銭を持って和尚さんのところへ戻ってきました。
「金額まで同じとは、あの夢は正夢だったのか」
 和尚さんはそのニワトリを港の知り合いの人にあずけて、村のお寺へ帰っていきました。
 そのニワトリは、それから八ヶ月ほどして死んでしまいました。
 知らせを受けた和尚さんは、ニワトリをあずけた知り合いの家まで出かけていって、ニワトリの供養(くよう)をしてやりました。

 それからしばらくたったある日、和尚さんの夢の中に、またあのニワトリが現れました。
「和尚さま。おかげさまでわたしは、命をのばす事が出来ました。寿命がつきるまで生きられたのですから、まことにしあわせです。お礼として和尚さまのお命を、七十五才になる年の七月二十五日までお守りいたします。それまではどんな病気になっても、決して死ぬような事はございませんのでご安心を」

 やがて月日が過ぎ、和尚さんは七十五歳の七月二十五日の日をむかえました。
「今日までは、あのニワトリがわしを見守ってくれていたわけか。そう言えば、今までたいした病気にもならずにやってこられた。ニワトリに、礼をいわんといかんな」
 和尚さんは間もなく病気になり、一月後の八月二十五日に大往生(だいおうじょう)をとげたという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     8月25日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
即席ラーメン記念日
きょうの誕生花
檜扇(ひおうぎ)
きょうの誕生日・出来事
1967年 檜山修之(声優)
恋の誕生日占い
ドレスよりも着物が似合う、和風の女の子
なぞなぞ小学校
いくら洗っても黒いままだけど、年を取ると白くなっていくのは?
あこがれの職業紹介
心理カウンセラー
恋の魔法とおまじない 238
行方不明のペットが帰るおまじない
  8月25日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
花嫁になりそこねたネコ
きょうの世界昔話
娘ネズミのスープ作り
きょうの日本民話
ニワトリの恩返し
きょうのイソップ童話
キツネとヤギ
きょうの江戸小話
幽霊の命もこれっきり
きょうの百物語
お化け灯篭(どうろう)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識