福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 8月の世界昔話 >娘ネズミのスープ作り

8月25日の世界の昔話

娘ネズミのスープ作り

娘ネズミのスープ作り
アンデルセン童話 → アンデルセンについて

♪音声配信(html5)
☆横島小次郎☆

 むかしむかし、ネズミの王さまが、パーティーを開きました。
 パーティーに出されたごちそうは、かびの生えたパンと、ひからびたベーコンの皮と、脂身で作ったろうそくと、串に刺したソーセージです。
「これは、何と素晴らしいごちそうだろう」
「本当だ。一生に一度、お目にかかれるかどうかのごちそうだ」
「こんな素敵なパーティーを開いてくれた王さまに、感謝しなくちゃ」
「王さま、ばんざーい!」
 招待されたネズミたちは大喜びで、ごちそうをすっかりたいらげました。
 そしてあとに残ったのは、ソーセージの串だけです。
 それを見て、一匹のネズミが言いました。
「ねえ、この串を使って、何かおいしいスープは出来ないかしら?」
 それを聞いた王さまは、ポンと手をたたいて言いました。
「良い考えだ。ではソーセージの串で一番おいしいスープを作った娘を、わしのおきさきにしよう。今から一年間の時間を与えるから、娘たちは料理の勉強の旅をしてまいれ」
 それを聞いた若い娘たちは、チューチューと大騒ぎです。
「わたし、王さまがお気にめすスープを、きっと作ってみせるわ」
「いいえ、それは、わたしよ」
「何を言ってるの、わたしに決まっているでしょう」
 ところがほとんどの娘ネズミは、旅に行くのをやめてしまいました。
 家族と離れて旅に出るのが、怖かったからです。
 もしかすると、ネコに出会うかもしれませんしね。
 それでも勇気のある四匹の娘ネズミが、旅に出る事になりました。
 四匹はそれぞれにソーセージの串をつえの代わりに持って、元気良く出発しました。

 そして次の年、三匹だけが帰ってきました。
 王さまはさっそく、町中のネズミたちを呼び集めました。
「さあ、どんな勉強の旅をしてきたか、話してくれ」
 王さまの言葉に、最初の娘ネズミが話しました。
「わたしはこの国を出ると、すぐ船に乗って百キロも離れた北の国へ行きました。
 その国には、森や林や大きな湖がたくさんありました。
 その日はちょうど、お祭りでした。
 わたしがソーセージの串をかかえて若者たちのダンスを見ていると、突然小人が現れて言いました。
『その串を、どうか貸してください』
 そこで串を渡すと小人たちは土の上に串を刺して、ダイヤモンドや花でかざったはたをかざりつけたのです。
 すると串から、すてきな音楽が鳴り出したのです。
 わたしが聞きほれていると、風がはたを吹き飛ばしてしまいました。
 小人たちは、串を返しに言いました。
『この串で王さまの胸をこすると、良い事がおこりますよ』と、
 さあ、どんな事がおこるか、さっそく胸をこすらせてください」
「うむ。では、こするがよいぞ」
 王さまの許しが出たので、娘ネズミはソーセージの串で王さまの胸をこすりました。
 すると串の先に、美しいすみれの花が咲いたのです。
 そのすみれの花からは、とても良い香りがしました。
 でもそれは、ネズミたちの嫌いなにおいなのです。
 王さまは、鼻をつまんで叫びました。
「うわ。何て嫌なにおいだ! 花を部屋から出せ! まったく、・・・さあ、次の者、話をいたせ」
 そう言われて、二番目の娘ネズミが話し出しました。
「はい。わたしはソーセージの串でスープを作るには、物知りになるのが一番だと考えました。
 そこで、西の方の広い世界に出かけたのです。
 西の世界では、おばあさんネズミに、アリの女王、そして人間などとも会って話を聞きました。
 でも話を聞くだけでは物知りにはなれないので、ためしに本を食べてみました。
 すると頭とお腹が痛くなったので、スープを作るのはやめてしまいました」
 それを聞いた王さまは、がっかりして言いました。
「それは、残念だ。・・・では、三番目の娘よ、話しをしなさい」
 その時、チュー、チューと、最後の四番目の娘ネズミが飛び込んできました。
「王さま、お聞きください。わたしは大きな町のろうや番をたずねていきました。
 なぜなら、そのろうや番の口ぐせが、
『それはまるで、ソーセージの串で作ったスープじゃないか』
と、言うのを聞いたからです。
 ろうや番はわたしを見ると、やさしく手をさしのべました。
 わたしが喜んで手に乗ると、何とろうや番はわたしを小さなかごに押し込めてしまったのです。
 わたしがキーキー叫んでいると、ろうや番の娘さんがこっそりと逃がしてくれました」
「ほう、それから、どうしたのじゃ?」
「はい、次にわたしは古いお城の塔で、年寄りのフクロウと知り合いになりました。
 そこで、わたしが、
『ソーセージの串で、スープを作りたいのですが』
と、言うと、フクロウは笑って、
『ソーセージの串で作ったスープというのは、人間たちのことわざで、《そんな事は、何でもない》と言う意味さ』
と、教えてくれました。
 それでわたしは驚いて、こうしてあわてて帰ってきたのです。
 これが正しい答えです。王さま」
 それを聞いた王さまは、がっかりです。
「うむ、仕方がない。それでは、この話は無かった事にしよう」
 その時、最後に残った娘ネズミが、王さまの前に進み出ました。
「わたしはちゃんと、ソーセージの串でスープを作ってみせますわ」
 王さまをはじめ、居並ぶネズミたちは、いっせいに最後の娘ネズミを見ました。
「さあ、おなべにお湯をわかして、ソーセージの串を入れてください。次に王さま、おそれ入りますが、尻尾でお湯をかきまぜてください。尻尾でかきまぜると、スープが一段とおいしくなります」
「うむ。こうか?」
 こうして誰よりも苦労をしないでスープを作った娘が勝ちとなり、スープを作った娘ネズミと王さまは結婚して幸せに暮らしました。

おしまい

前のページへ戻る


     8月25日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
即席ラーメン記念日
きょうの誕生花
檜扇(ひおうぎ)
きょうの誕生日・出来事
1967年 檜山修之(声優)
恋の誕生日占い
ドレスよりも着物が似合う、和風の女の子
なぞなぞ小学校
いくら洗っても黒いままだけど、年を取ると白くなっていくのは?
あこがれの職業紹介
心理カウンセラー
恋の魔法とおまじない 238
行方不明のペットが帰るおまじない
  8月25日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
花嫁になりそこねたネコ
きょうの世界昔話
娘ネズミのスープ作り
きょうの日本民話
ニワトリの恩返し
きょうのイソップ童話
キツネとヤギ
きょうの江戸小話
幽霊の命もこれっきり
きょうの百物語
お化け灯篭(どうろう)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識