福娘童話集 > きょうの江戸小話 福娘童話集 きょうの小話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 12月の江戸小話 > 切腹浪人

12月31日の小話

切腹浪人

切腹浪人

♪おはなしをよんでもらう(html5)
朗読 : 青のぷよの世界♪

 今日は大みそかで、米屋の店先は人でごった返しておりました。
 その人ごみを押し分けて、一人の浪人(ろうにん)が店の中にかけこんできました。
「ごめん」
 浪人はペタリと土間(どま→家の中で、床を張らずに地面のままの所)に座ると、何も言わずにもろはだを脱いで、刀を腹ヘつきたてようとします。
 おどろいた主人が、浪人のところにかけよりました。
「まあ、まあ、落ち着いて」
 主人は浪人の手から刀を取り上げると、浪人にたずねました。
「これは一体、どうしたわけでございます?」
 たずねられた浪人はぴたりと両手をついて、頭を低く下げると言いました。
「それがし、元は、さる大名(だいみょう→とのさま)に奉公(ほうこう→つとめること)つかまつりし、いささか名のある者。
 なれど、腹黒き同輩(どうはい→おなじ地位のなかま)のたくらみにて主家(しゅか→主人の家)をおわれ、それよりこのかた八年。
 辛苦(しんく→つらいめにあって苦しむこと)の中に何とか命をつなぎまいったは、ごっ、ご主人さま。
 ひとえに、ひとえにあなたさまのおかげにございまする」
 浪人は涙を流すと、言葉を続けました。
「されば、今日の大みそか。
 何といたしても、こちらさまヘのつもる借金(しゃっきん)。
 払いもうさねばあいすまぬしだいと、朝より八方かけめぐり、苦心(くしん)に苦心いたせども、ああ悲しや、うらめしや、どうしてもくめんつかず、それゆえまことにもうしわけなく、ただ、ただ、今はおわびのために、この腹かっきって死のうとの覚悟。
 なにとぞ、なにとぞ、この場で死なせてくださりませ」
 浪人の心のこもった言葉に、米屋の主人も思わず涙をこぼしました。
「いや、まことに、お見上げもうしたお人がら。
 さっ、ささ。どうぞ、どうぞ、お手をおあげなされ。
 そのようなおぼしめしなら、お金の方は、いつでもよろしゅうございまする。
 お金のご心配をなさらず、どうか奥でごゆっくり、お酒などを召し上がってくだされ」
 主人のあたたかい言葉に、
「おこころざしは、かたじけのうございまするが」
と、浪人は立ちあがって刀を受け取ると、主人に言いました。
「こんにちは、一年に一度の大みそか。まだあちらこちちに、腹を切りに回らねばなりませぬ。・・・ごめん」
 そして浪人は、次の借金相手のところへ飛んでいきました。

♪ちゃんちゃん
(おしまい)

前のページへ戻る


     12月31日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
大晦日
きょうの誕生花
柚子(ゆず)
きょうの誕生日・出来事
1969年 東貴博 (芸人)
恋の誕生日占い
礼儀正しくて上品な、おしゃれ好きなお嬢様
なぞなぞ小学校
服がしましまの県は?
あこがれの職業紹介
臭気判定士
恋の魔法とおまじない 366
悪い物から身を守る
 12月31日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
傘地蔵(かさじぞう)
きょうの世界昔話
マッチ売りの少女
きょうの日本民話
働かない使用人
きょうのイソップ童話
イヌとオオカミ
きょうの江戸小話
切腹浪人
きょうの百物語
おさかべ姫
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識