福娘童話集 > きょうの百物語 福娘童話集 きょうの百物語 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの百物語 > 12月の百物語 > おさかべ姫

12月31日の百物語

おさかべひめ

おさかべ姫
兵庫県の民話兵庫県情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
兜の折り紙かぶと   長兜の折り紙ながかぶと

♪音声配信(html5)
朗読者 ; スタヂオせんむ

 あまりの美しさに白鷺城(しらさぎじょう)とよばれ、国宝であり世界遺産でもある姫路城に、古くから伝わるお話しです。

 むかしむかし、このお城の天守閣(てんしゅかく)に、幽霊(ゆうれい)が住みついているとのうわさがたちました。
 そのため昼間でも、天守閣には誰一人近づきません。
 ある雨の夜の事。
 お城に泊まり込んで、一晩中起きている役目の五人の(さむらい)たちが、
「幽霊の正体(しょうたい)は、何者だろう?」
と、話していました。
 すると、一番若い侍が、
「わたしが、見届けてまいります」
と、ロウソクを手に、天守閣への暗い階段を登って行きました。

 天守閣は、お城のてっぺんにある部屋です。
 侍が天守閣に登り着くと、戸のすき間からボンヤリと明かりがもれているではありませんか。
 侍が、中の様子をうかがっていると、
「誰じゃ? そこにおるのは、誰じゃ?」
 部屋の中から、声がかかりました。
 侍が名前を名乗って、なぜここに来たのかをありのままに話しました。
「では、お入りなさい」
 侍は恐る恐る、戸を開けました。
 するとそこには、女の人が一人、机の前に座っていました。
「・・・!」
 侍は、声をあげそうになりました。
 髪の長い女の人は、十二ひとえの着物に、赤いはかまをはいています。
 美しい顔立ちですが、その顔色の青白さは生きている人間ではありません。
「よく来ましたね。
 わたしは、おさかべ姫。
 このお城の、主じゃ。
 お前の勇気をほめて、これをとらせましょう」
 おさかべ姫は侍に、かぶとの切れはしを渡しました。
「ありがとうございます」
「しかし、ここは人の来るところではありません」
「はっ」
「では、おさがりなさい」
 侍は無事に天守閣を出ましたが、背中が冷や汗でグッショリです。
 侍の仲間は、若い侍が無事に戻って来たので、
「どうだ? 正体を見届けたか?」
「どんな幽霊だった?」
と、口々にたずねました。
 若い侍はかぶとのきれはしを見せると、全てを仲間に話しました。
 そしてその話は、さっそくお殿さまの耳に入りました。

 次の朝、お殿さまは若い侍をよんで、
「おさかべ姫にもらったという、かぶとのきれはしを見せてくれ」
と、言いました。
 侍が、かぶとのきれはしを差し出すと、
「ふむ。見覚えのあるきれはしじゃ。調べてみよう」
 お殿さまはお城にむかしから伝わっている、よろいかぶとやをおさめた部屋を調べました。
「やはりこれだ、これに間違いない」
 かぶとの一つの後ろのしころ(→よろいかぶとの左右から後方にたれて、あごを守る鉄製の物)が、引きちぎられています。
 きれはしを当ててみると、ピッタリとあいました。
「かぶとのしころを引きちぎるとは、恐ろしい力の持ち主。おさかべ姫のたたりを受けないよう、天守閣のわきに明神(みょうじん)さまのほこらをまつろう」

 この時から姫路城ではお殿さまが代わっても、おさかべ姫を恐れてほこらを大切にし続けたという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     12月31日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
大晦日
きょうの誕生花
柚子(ゆず)
きょうの誕生日・出来事
1969年 東貴博 (芸人)
恋の誕生日占い
礼儀正しくて上品な、おしゃれ好きなお嬢様
なぞなぞ小学校
服がしましまの県は?
あこがれの職業紹介
臭気判定士
恋の魔法とおまじない 366
悪い物から身を守る
 12月31日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
傘地蔵(かさじぞう)
きょうの世界昔話
マッチ売りの少女
きょうの日本民話
働かない使用人
きょうのイソップ童話
イヌとオオカミ
きょうの江戸小話
切腹浪人
きょうの百物語
おさかべ姫
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識