福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 1月の日本民話 >龍王ばあさま

1月9日の日本民話

龍王ばあさま

龍王ばあさま
山口県の民話山口県情報

にほんご(日语)  ・ちゅうごくご(中文) ・日语&中文

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
竜の折り紙りゅう
♪音声配信(html5)
朗読者 : 田布施座

 むかしむかし、中村という所に、赤ちゃんの取り上げが上手なおばあさんがいました。
 どんなに難産(なんざん)でも、このおばあさんの手にかかればすぐに産まれるので、『中村の取り上げばあさま』と呼ばれていました。

 ある日の真夜中、おばあさんが寝ていると家の戸を叩く者がいます。
 ドンドン、ドンドンドン。
 こんな時間に来るのは急産の取り上げに違いないと思い、おばあさんはすぐに支度(したく)をすると外へ飛び出しました。
 外には、使いの男がいて、
「こんなに遅くにすまんが、一緒に来て下さい」
と、言いました。
「それは良いが、どこの家かいの?」
 おばあさんが尋ねると男は、
「ずっと遠くです。案内しますから、足元に気をつけてください」
と、先に立ってどんどん歩いて行きました。
 真暗闇(まっくらやみ)ですが、なぜか足元だけは明るいので、おばあさんは何とか転ばずに歩けました。
 そのうち波の音が聞こえて来たので、
(これは、海の近くだな)
と、思ったとたん、おばあさんは気を失ってしまいました。

 おばあさんが気がつくと、そこは金銀(きんぎん)がキラキラと光り輝く龍宮城(りゅうぐうじょう)だったのです。
 おばあさんがびっくりしていると、龍宮城の主の龍王(りゅうおう)が現れました。
「夜中に、遠い所をごくろうであった。そちに、姫のお産のかいぞえを頼みたいのだ」
「お産?」
 お産と聞いては、ジッとしていられません。
 おばあさんがさっそく姫の部屋へ行くと、それはひどい難産(なんざん)で、姫の顔には血の気がありませんでした。
「よしよし、すぐに楽にしてやるからな」
 おばあさんはさっそく仕度に取りかかり、それからすぐに玉の様な男の子が産まれました。
「おおっ、良くやってくれた。お礼に、何でもやろう」
 龍王は大喜びで、おばあさんの前にお礼の金銀サンゴを山の様に積み上げました。
 けれど、おばあさんはそれを受取ろうとしません。
「どうした? 気に入らんのか? ・・・そちは一体、何が欲しいのじゃ? 何なりと取らせるゆえ、申してみるがよい」
 龍王がそう言うと、おばあさんは恐る恐る答えました。
「はい。実はわたくしの村にあまり雨が降らず、田んぼのイネが枯れようとしています。どうか龍王さまのお力で、雨を降らせてもらいたいのです」
 この村人を思う気持ちに感心して、龍王はその願いを聞き入れました。
「それでは、今後はわしをまつって、豊年(ほうねん)踊りを踊るがよい。さすれば大雨を降らせよう」

 さて、それからおばあさんが龍宮城を去って村に帰りつくと、いなくなったおばあさんを探して村中が大騒ぎでした。
 おばあさんが訳を話して龍王との約束を伝えると、村人は大喜びです。
「これで、村は救われる!」
「取り上げばあさまは、ありがとう」
 この時から村人たちは、このおばあさんの事を『龍王ばあさま』と呼ぶようになりました。

 そしてこの踊りが山口県に今に伝えられる、楽踊り(がくおどり)の始まりだという事です。

おしまい

前のページへ戻る

     1月 9日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
風邪の日
きょうの誕生花
観音竹(かんのんちく)
きょうの誕生日・出来事
1987年 井上 真央 (女優)
恋の誕生日占い
常にトップを目指す頑張り屋
なぞなぞ小学校
小さなサメか降ってくる天気は?
あこがれの職業紹介
ソムリエ
恋の魔法とおまじない 009
好きな人と緊張しないで会話が出来る呪文
  1月 9日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
とり年生まれ
きょうの世界昔話
ホジャおじさんの家を買う
きょうの日本民話
龍王ばあさま
きょうのイソップ童話
ノミとウシ
きょうの江戸小話
大声のしらみ、小声のわたくず
きょうの百物語
虫の知らせ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識