福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 3月の日本民話 >子ザルのまつ

3月20日の日本民話

子ザルのまつ

子ザルのまつ
長野県の民話長野県情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : スタヂオせんむ

 むかし、松代町(まつしろちょう)と言うところに、徳嵩源五郎(とくたけげんごろう)と言う腕の良い彫り物師が住んでいました。
 ある日、源五郎は山でサルの親子を見つけました。
 母ザルは猟師に鉄砲で撃たれたのか、背中から血を流して死んでいましたが、そのふところには生まれたばかりの子ザルが、母ザルのおっぱいを探して手足を動かしています。
「なんと、可哀想に」
 哀れに思った源五郎は、さっそく子ザルを抱くと家に連れて帰りました。
 そして源五郎夫婦は子ザルに『まつ』と言う名前を付けて、我が子同様に可愛がったのです。

 まつはとてもかしこいサルで、源五郎が踊りや芸を教えると、それは上手にやってみせるのです。
 そしてまつの話は評判になって、やがては松代(まつしろ)の殿さまの耳にまで届きました。
 殿さまはさっそく、源五郎とまつを呼び寄せました。
 まつは源五郎の合図に合わせて、逆立ちや宙返りの芸を見せました。、
「これは見事。見事だ」
 殿さまは、大喜びです。
 そしてまつの芸を見終わった殿さまは、源五郎に言いました。
「源五郎よ。金なら、いくらでも出そう。だからサルをゆずってくれ」
「えっ、まつを?」
 これには、源五郎も困ってしまいました。
 たとえ殿さまの命令でも、まつは我が子同様に可愛がっているサルです。
(よわったな)
 何と返事をしたら良いかと迷っていると、源五郎のそばに座っていたまつが、とつぜん殿さまの前に進み出て、ていねいに両手をつくと、
『そればかりは、ごかんべんを』
と、言う様に、何度もおじぎをしたのです。
 これを見た殿さまは、とても心を打たれて、
「よいよい、今の言葉は取り消しじゃ。だがその代わり、時々城へ遊びに来るのじゃぞ」
と、やさしく言いました。
 こうして源五郎夫婦とまつは、それからも仲良く幸せに暮らしました。

 今でもまつのお墓は、松代町大信寺にある徳嵩家の墓地に残っているそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     3月20日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
電卓の日
きょうの誕生花
三椏(みつまた)
きょうの誕生日・出来事
1955年 竹内まりや (シンガー)
恋の誕生日占い
音楽にも絵にも、人並み外れた才能を持っています
なぞなぞ小学校
思わず売ってしまう服の素材は?
あこがれの職業紹介
アロマセラピスト
恋の魔法とおまじない 080
友だちと仲直りするおまじない
  3月20日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
家から遠くなっても
きょうの世界昔話
旦那さまの中の旦那さま
きょうの日本民話
子ザルのまつ
きょうのイソップ童話
モミの木とイバラ
きょうの江戸小話
てつびん
きょうの百物語
人を水中に引き込むカッパ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識