福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 3月の日本民話 >なまことクジラの泳ぎ勝負

3月27日の日本民話

なまことクジラ

なまことクジラの泳ぎ勝負
山口県の民話山口県の情報

 むかしむかし、日本の海には、たくさんのクジラが住んでいました。
 クジラは体が大きくて力持ちで、それに泳ぎの名人ですから、どんな魚もかないません。
 だからクジラたちは大いばりで、毎日ゆうゆうと海を泳いでいました。
 さあ、おもしろくないのは魚たちです。
「何とかして、クジラをやっつける方法はないだろうか?」
 毎日のように集まっては相談しましたが、いい方法は浮かびません。
 するとそこへ、なまこがやってきました。
「よし、わしにまかせてくれよ」
 なまこはそう言うと、一人でクジラの親分のところへ行きました。
「こんにちは、クジラの親分さん、あの、一つ頼みがあります。わしと向こうの岩まで泳ぎ比べをしてくれませんか?」
 それを聞いたクジラの親分は、
(のろまで有名ななまこが、何を馬鹿な事を)
と、思いましたが、ここで断ったら、なまこに負けた事になります。
「いいだろう、さっそく始めよう」
 クジラの親分は向こうの岩をめざして、ゆっくりと泳ぎはじめました。
 いくらゆっくり泳いでも、なまこに負ける心配はありません。
 それでも、あっという間に向こうの岩に着いてしまいました。
(さて、なまこのやつ、いつ泳ぎ着く事か)
 そう思って、ふと前を見ると、なんとそこにはなまこがいて、
「おやおや、ずいぶんと遅かったですね。今まで何をしていたのですか?」
と、言うではありませんか。
「そんなばかな!」
 クジラの親分は、どうしてなまこに負けたのか、さっぱりわかりません。
「よし、今度は、あの岬まで勝負だ!」
 言うなり、クジラの親分はものすごい勢いで泳いでいきました。
「よし、これなら大丈夫だ」
 岬についたクジラの親分が、後ろを振り返ろうとすると、
「やあ、今度は、さっきより早かったですね」
と、目の前の岩で、なまこの声がしました。
「なに! いったい、どうなっているんだ?!」
 すっかりあせったクジラの親分は、今度はあの岩、次はあの岬と言って、なまこと何度も泳ぎ勝負をしましたが、不思議な事に、いつも負けてしまいます。
 さすがのクジラの親分も、すっかり困ってしまいました。
(なまこに負けたなんて事がばれたら、ほかの魚に馬鹿にされてしまう。・・・仕方がない。出ていこう)
 そこでクジラの親分は子分たちを引き連れて、遠い南の方の海へ引っ越していきました。
 日本の海にクジラがいなくなったのは、その時からだそうです。
 さて、なまこはどうしてクジラの親分に勝ったのかというと、実は、なまこは仲間たちと相談して、あちこちの岩にはじめから隠れていたのです。
 そんな事とは知らないクジラの親分は、自分が負けたと思い込んだのでした。

おしまい

前のページへ戻る


     3月27日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
さくら(桜)の日
きょうの誕生花
猩猩袴(しょうじょうばかま)
きょうの誕生日・出来事
1992年 悠木 碧 (声優)
恋の誕生日占い
目標を見つけると、抜群の行動力を発揮します
なぞなぞ小学校
「来い」と呼んだら来る、大好きな人は?
あこがれの職業紹介
テーマパークスタッフ
恋の魔法とおまじない 087
苦手な生き物から身を守るおまじない
  3月27日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
金のナスビ
きょうの世界昔話
悪魔の尻尾
きょうの日本民話
なまことクジラの泳ぎ勝負
きょうのイソップ童話
ロバとキツネとライオン
きょうの江戸小話
食わず逃げ
きょうの百物語
麒麟(キリン)
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識