福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 3月の日本民話 >月見草の嫁

3月28日の日本民話

月見草の嫁

月見草の嫁
新潟県の民話新潟県の情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : おはなしや

 むかしむかし、ある山奥の村に、一人の若い馬子(まご)が暮らしていました。
 馬子とは、馬を引いて人や荷物を運ぶ仕事をする人です。
 一日の仕事を終えた馬子が、家で一休みをしていると、
 トン、トン、トン。
と、誰かが、家の戸を叩きました。
「はて? 今頃、誰だろう?」
 馬子が戸を開けてみると、そこにはきれいな娘さんが立っていました。
 娘は馬子に、ペコリと頭を下げて言いました。
「どうか今晩一晩、ここに泊めて下さい」
 それを聞いた馬子は、少し困った顔で言いました。
「泊まると言っても、おれは貧乏で、お前さんに食わせる飯もないから」
「大丈夫。ご飯ぐらい、私が何とかします。お掃除も、お洗濯もします。ですから、どうか泊めて下さい」
 そこまで言われると、断る事が出来ません。
「そうか、なら、中に入れや」
 馬子が娘を家に入れてやると、娘はさっそく掃除や洗濯を始めました。
 そしてどこからか持って来た材料で晩ご飯を作ると、馬子に差し出しました。
 それは今まで食べた事がないほど、おいしい物でした。
 すっかり満腹になった馬子は、その場にごろんと横になると娘に言いました。
「うまい飯を、ごちそうさま。おれは仕事が早いから、もう寝るからな。お前は好きな時に、出て行っていいぞ」

 さて次の日の晩、馬子が仕事から帰って来ると、娘はまだ家にいたのです。
「お前、出て行かなかったのか?」
「はい。さあ、晩ご飯が出来ていますよ」

 そして次の日も、そのまた次の日も娘は家を出て行かず、一生懸命に家の仕事をしました。
 そのうちに、馬子は娘がすっかり気に入りました。
「ああ、こんな良い娘が、おれの嫁だったらなあ」
 するとそれを聞いた娘が馬子の前に正座をして、深く頭を下げて言いました。
「あなたさえよければ、どうか私を嫁にして下さい」
「そうか。お前がその気なら、ぜひともおれの嫁になってくれ」
 こうして二人は、夫婦になったのです。

 さて、それからしばらくたった、ある日の事です。
 馬に食べさせる草を刈っていた馬子は、その草の中に、きれいな月見草の花が一本混ざっているのに気がつきました。
「きれいな花だな。そうだ、嫁の土産に持って帰ろう」
 そして、家に帰った馬子が、
「おーい、きれいな花があったぞ」
と、嫁に言ったのですが、 しかしいつもはすぐに出迎えてくれるはずの嫁が、今日は出て来ないのです。
「おかいしな。どこに行ったのだろう?」
 馬子が家の中を探していると、嫁は台所で朝ご飯を作りかけたまま倒れていたのです。
「おい! どうした!? どこか具合でも悪いのか!?」
 馬子があわてて抱き起こすと、嫁は小さな声で言いました。
「・・・あなた。
 実は私は、月見草の花の精なのです。
 毎朝、あなたの働く姿を見ているうちに、あなたの嫁になりたいと思うようになりました。
 そしてその思いがかなって、今日までとても幸せでした。
 ですが、あなたに刈られてしまったので、私の命もこれまでです。
 短い間でしたけれど、優しくして下さってありがとう」
 嫁はそう言うと馬子に抱かれた姿のまま、煙の様に消えてしまったのです。

おしまい

前のページへ戻る


     3月28日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
シルクロードの日
きょうの誕生花
竜田草(たつたそう)
きょうの誕生日・出来事
1975年 神田うの (女優)
恋の誕生日占い
無邪気で人なつっこい
なぞなぞ小学校
コオロギやバッタが住んでいる村は?
あこがれの職業紹介
キャビンアテンダント
恋の魔法とおまじない 088
相手を許せるようになるおまじない
  3月28日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
大工と鬼六
きょうの世界昔話
バイオリンひきのおじいさん
きょうの日本民話
月見草の嫁
きょうのイソップ童話
オオカミと仲直りしたイヌ
きょうの江戸小話
ちっとも変わらん
きょうの百物語
彦助とカッパ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識