福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 8月の日本民話 > だいだらぼっち

8月8日の日本民話

だいだらぼっち

だいだらぼっち
神奈川県の民話神奈川県情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : 朗読エンタメユニットりんごの木主催 リンゴの木 吉川 雅子

 むかしむかし、だいだらぼっちという、山よりも大きな大男がいました。
「小さい、小さい。どんな山でもおれより小さいな。この世には、おれよりも大きなものはいないのだ」
と、いつもいばっていましたが、ある日の事、だいだらぼっちは自分よりも大きな富士山という山を見つけたのです。
「むむむっ、おれよりも大きいとはなまいきな。ええい! 海のまん中へ持って行って、しずめてやるわ!」
 だいだらぼちはまわりにあったフジツルをかき集めると、それをたばねてなわにして富士山にグルグルとまきつけ、海まで引っ張っていこうとしました。
 しかし、さすがは日本一の富士山です。
 だいだらぼっちがいくら引っ張っても、ビクともしません。
「えい、なまいきな山め!」
 だいだらぼっはフジツルのなわを体にまきつけると、
「えい!」
と、力まかせに引っぱりました。
 すると、
 ブチッ!!
 あまりの力に、フジツルのなわが切れてしまいました。
「これはいかん。今度は、もっと丈夫なやつを」
 だいだらぼっちは、もっと太いなわを作ろうとフジツルを探しましたが、もうどこにもありません。
「ぐおおおっ、なんだ今日は、腹の立つ事ばかりだ! フジツルめ、もうここには生えるな!」
 だいだらぼっちは大きな足で地面をうちぬいて大きな穴を開けると、そのままどこかへいってしまいました。

 それからそのふきん(→相模野一帯)では、フジツルは生えないといいます。
 そしてだいだらぼっちが足で開けた穴は沼となって残り、鹿沼(かぬま)、しょうぶ沼が、それだと言われているのです。

おしまい

前のページへ戻る


     8月 8日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
タコの日
きょうの誕生花
クレオメ(西洋風蝶草)
きょうの誕生日・出来事
1978年 白石美帆(タレント)
恋の誕生日占い
粘り強く最後まであきらめない
なぞなぞ小学校
田んぼに火をつけたら? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
調剤事務管理士(調剤薬局事務)
恋の魔法とおまじない 221
想いが通じるおまじない
  8月 8日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
どっこいダンゴ
きょうの世界昔話
二匹の欲張り子グマ
きょうの日本民話
だいだらぼっち
きょうのイソップ童話
ウサギとキツネA
きょうの江戸小話
けち
きょうの百物語
弟切草
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識