福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 9月の日本民話 >白い鳥

9月8日の日本民話

白い烏

白い鳥
大分県の民話大分県情報

 むかしむかし、天皇に仕える、うなでという人がいました。

 ある日、うなでは中臣村(なかとみむら)という所へ、天皇の用事で出かけました。
 用事を終えたうなでは宿屋に泊まって寝ましたが、あまりの寒さに目を覚ましてしまいました。
 どうやら、戸をきちんと閉めずに寝てしまったのです。
「うう〜っ、寒い」
 うなでは戸を閉めようと、立ちあがりました。
 外を見ると、東の空がほんの少し明るくなっています。
「もうすぐ、夜が明けるのだな」
 うなでが戸を閉めようとしたその時、北の空から飛んで来るたくさんの白い鳥が見えました。
「ほーっ」
 うなでが見ていると白い鳥たちは音もなく近づいて来て、宿屋の前の畑に次々と舞い降りたのです。
 畑一面に白い鳥が舞い降りたのを見て、うなでは思わずためいきをつきました。
「ああっ、こんなにきれいな鳥たちを見たのは初めてだ」
 うなでは戸を開けると、そっと外に出ました。
 そして白い鳥たちの方へ、ゆっくり手を差しのべると、
「ほうー、ほうー」
と、言いながら、近づいていきました。
 そのとたん、白い鳥たちは次々と細い首を羽の下にかくして丸くなると、なんとそのままおもちになってしまったのです。
「おおっ! これはどうした事だ?!」
 びっくりするうなでの目の前で、今度はそのおもちが里いもになりました。
「なんとも、不思議な事もあるものだ」
 うなではその里いもを持って、天皇のもとへ帰りました。

 天皇は、その話しを聞くととても喜び、
「白い鳥は、幸運を運ぶ」
と、言ったそうです。

 そしてその時から、あの中臣村では立派な里いもがとれるようになったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     9月 8日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ニューヨークの日
きょうの誕生花
岩桧葉(いわひば)
きょうの誕生日・出来事
1963年 松本人志(芸人)
恋の誕生日占い
優れた金銭感覚で、お金を貯めるのが上手
なぞなぞ小学校
鳥が9羽集まると何になる? (漢字なぞなぞ)
あこがれの職業紹介
盲導犬訓練士・盲導犬歩行指導員
恋の魔法とおまじない 252
体のだるさを取るおまじない
  9月 8日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
犬と鏡
きょうの世界昔話
動物の言葉
きょうの日本民話
白い鳥
きょうのイソップ童話
子ヤギと笛を吹くオオカミ
きょうの江戸小話
ととのめ
きょうの百物語
起き出した死人
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識