福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 

福娘童話集 > きょうの日本民話 > 9月の日本民話 > クジラ長者

9月25日の日本民話

クジラ長者

クジラ長者
長崎県の民話長崎県情報

 むかし、深沢儀太夫勝清(ふかざわぎだゆうかつきよ)という、クジラ捕(と)りの名人がいました。
 勝清はクジラ捕りで大金持ちになり、野岳湖(のだけこ)をつくったことで知られています。
 その勝清の孫の与五郎(よごろう)も、おじいさんに負けないほどのクジラ捕りの名人で、いつも、
「クジラがたくさん捕れる方法は、ないじゃろうか?」
と、考えていました。

 ある日の事、クモの巣に一匹のこがね虫がかかっているのを見た与五郎は、
「こんな細いクモの糸でも、大きなこがね虫がとれるのか。・・・そうじゃ、アミでクジラを捕ってみよう」
と、さっそく大きくて丈夫なアミを作りました。
 このクジラをアミで捕る方法は大成功で、毎年、数百頭のクジラを捕ることが出来ました。
 与五郎はおじいさんに負けないほどの長者(ちょうじゃ)となり、立派なご殿を建てました。

 ある夜、一頭の母クジラが与五郎のまくらもとに現れて、涙ながらに頼みました。
「与五郎どの、わたしは子連れの母クジラです。お腹には、もうすぐ生まれる赤ちゃんもいます。わたしが捕まると、いまいる子どもも、もうすぐ生まれる赤ちゃんも死んでしまいます。どうかわたしを、見逃してください」
 それを聞いた与五郎は、母クジラに言いました。
「わかった。あすは決して、子連れのクジラには手を出さないよう、みなに言っておこう」

 しかし翌日、与五郎は子連れのクジラを捕らないように伝えるのを、うっかり忘れてしまったのです。
 その日の夕方、子持ちクジラと子クジラが浜にあげられました。
 それを見た与五郎は、大変かなしみました。
 そしてその日からクジラが捕れなくなり、浜はすっかりさびれてしまいました。
 元気だった与五郎は六十歳でこの世を去り、そして子孫には不幸が続いたという事です。

おしまい

前のページへ戻る


     9月25日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
10円カレーの日
きょうの誕生花
蓼(たで)
きょうの誕生日・出来事
1986年 あばれる君 (タレント)
恋の誕生日占い
上品でシンプルなおしゃれを好む
なぞなぞ小学校
いつも目の色を変えながら、車や人を見ている物は?
あこがれの職業紹介
ステノキャプショナー
恋の魔法とおまじない 269
再婚がうまくいくおまじない
  9月25日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
人の嫁になったネコ
きょうの世界昔話
翼をもらった月
きょうの日本民話
クジラ長者
きょうのイソップ童話
鈴を付けたイヌ
きょうの江戸小話
方角
きょうの百物語
七色の灯光
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識