福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 10月の日本民話 >京河さま

10月21日の日本民話

京河さま
イラスト sai-sai  運営サイト sai-sai「イラスト」「コミック」

京河さま
岐阜県の民話岐阜県の情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : 東海ラジオ

 むかしむかし、矢迫間(やばさま)と言うところに、小さな池がある『京河(きょうがわ)さま』と呼ばれる小さな神社がありました。

ある年の夏は来る日も来る日も日照り続きで、村の田畑が枯れ始めていました。

京河さま

「このままでは、作物は全滅だ」
「こうなれば、雨乞いをしよう」

京河さま

 そこで村のみんなは近くの神社やお寺をまわって雨乞いをしましたが、雨は一向に降りません。
そして最後の頼みと、小さな神社の京河さまへお参りに行ったのです。

京河さま

「どうか、雨を降らせてください」
「どうか、雨を降らせてください」
みんなが一心にお参りしていると葉っぱだらけの小さな池の水がごうごうと動き出して、中から池の主の大蛇が姿を現しました。

京河さま

「だっ、大蛇だー!」
みんながびっくりしていると、その大蛇が言いました。
「お前たち、さっきから一生懸命、何をそんなに頼んでいるのだ?」
村の庄屋さんが、震えながら答えました。

京河さま

「は、はい。
実は、この夏は雨が一粒も降らないので、村の田畑は枯れてしまい、今では飲み水にも不自由しております。
そこで京河さまへ雨を降らせてもらおうと、お願いをしておりました」
「なんだ、そんな事か。
ならば、この池をきれいに掃除してくれぬか。
葉っぱや泥がたまって、困っていたのだ。
池をきれいにしてくれたら、雨を降らせてやろう」
大蛇はそう言うと、また池の中へと潜ってしまいました。

京河さま

 そこで村のみんなは大蛇の言葉を信じて、池をきれいに掃除しました。
するとその日の夜遅く、ポツリポツリと大粒の雨が降り始めたのです。

京河さま

「おおっ、雨だ! 京河さまが雨を降らせてくれたぞ!」

京河さま

 それから村人たちは雨に困る事があると、京河さまの池を掃除して雨を降らせてもらったという事です。

おしまい

前のページへ戻る

    10月21日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
あかりの日
きょうの誕生花
紫式部(むらさきしきぶ)
きょうの誕生日・出来事
1984年 道端 ジェシカ (モデル)
恋の誕生日占い
自由な発想力と、日本人離れした感性の持ち主
なぞなぞ小学校
山の上に岡がある県は?
あこがれの職業紹介
ブティック(経営者・オーナー)
恋の魔法とおまじない 295
好きな人とファーストキス
 10月21日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ムカデの医者むかえ
きょうの世界昔話
ほら吹き男爵 ミルクの海
きょうの日本民話
京河さま
きょうのイソップ童話
キツネと木こり
きょうの江戸小話
頭痛のもと
きょうの百物語
疫病神
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識