福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 10月の日本民話 > 弘法井戸

10月24日の日本民話

弘法井戸

弘法井戸
三重県の民話三重県情報

 むかしむかし、惣松(そうまつ)という人が、村人たちと伊勢参宮(いせさんぐう)に行きました。
 そしてその帰り道に舟で二見が浦(ふたみがうら)の近くの飛島(とびしま)まで来たのですが、突然空に小さな白龍(はくりゅう)が現れて、惣松の着物の中に飛び込んできたのです。
 惣松をはじめ、村人たちはビックリしましたが、
「これは、幸運を知らせる神さまのお告げじゃ」
と、喜んで白龍を村へ持ち帰りました。

 家に白龍を持ち帰った惣松は白龍を床の間に置きましたが、白龍は床の間から出て行くと神棚(かみだな)の中に入ってしまったのです。
 惣松は、
「神棚とは、この白龍は福の神に違いない。きっと、良い事がおこるぞ」
と、神棚へだんごやお酒などをたくさんおそなえしました。
 すると惣松の家だけでなく村中が幸運続きで、村はどんどん栄えていきました。

 そんなある日の事、惣松は神棚にそなえただんごを一口食べると、
「ぺっぺっ! くさっていやがる! こんな物、食えるか!」
と、吐き出してしまったのです。
 するとそのとたんに白龍が神棚から飛び出して、森の中へかくれてしまいました。
 おかげで村はしだいに、貧しくなっていきました。

 それから数年後、旅の途中の弘法大使(こうぼうたいし)が村へやって来ました。
 弘法大師は村中を歩き回ると、村人にたずねました。
「この近くに大きな力を感じるが、この村には何かあるのか?」
「はい、お坊さま。実はこの村に一匹の白龍がいたのですが、森の中へ逃げてしまいました。それいらい、村は不運続きです。どうか白龍を、連れもどして下さい」
 村人の言葉に、弘法大使は、
「白龍は水が好きだから、井戸をほってあげよう」
と、持っていた杖(つえ)を、地面に突き刺しました。
 すると不思議な事に、そこから水がこんこんとわき出したのです。

 それからは毎日のように白龍がこの水を飲みに来るようになり、村は前のように栄えていったそうです。

おしまい

前のページへ戻る


    10月24日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
国際連合デー
きょうの誕生花
紅紫檀(べにしたん)
きょうの誕生日・出来事
1984年 木村 カエラ (モデル)
恋の誕生日占い
鋭い観察力を持ったミステリアスな女の子
なぞなぞ小学校
蚊のいない県は?
あこがれの職業紹介
コンビニエンスストア(経営者・店長)
恋の魔法とおまじない 298
友だちと仲直りするおまじない
 10月24日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
果報者(かほうもの)と阿呆者(あほうもの)
きょうの世界昔話
イチジクと男
きょうの日本民話
弘法井戸
きょうのイソップ童話
オオカミとヤギ
きょうの江戸小話
ネズミの嫁入り
きょうの百物語
娘に化けた大ウナギ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識