福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 11月の日本民話 >スズメの身代わり

11月15日の日本民話

スズメの身がわり

スズメの身代わり
三重県の民話三重県情報

♪音声配信(html5)
朗読 : 天兎  サイト : c:am_twitcastingさんのライブ

 江戸の終わり頃、三重のある村の庄屋さんが、こんな夢のお告げを聞きました。
『三日後の夜に、大嵐がやってくる。
 このあたりの人間が、たくさん死ぬ運命だ。
 だがさいわいにも、村のスズメたちが身代わりになるそうだ。
 安心するがよい』
 目を覚ました庄屋さんはどうしたらよいかわからず、夜が明けると近くのお寺へ出かけて行き、親しくしている和尚さんに夢の話をしました。
 すると和尚さんも不思議な事に、
「なんと! 実はわしも昨日の晩、そなたとまったく同じ夢のお告げを聞いたのじゃ」
と、言うではありませんか。
「スズメが身代わりになるとは意味がわからぬが、とにかく大変な事が起こるのは間違いない」
 そこで二人はお寺のご本尊の薬師如来(やくしにょらい)に、少しでも村の被害が少なくなるようにとお祈りしました。

 三日後、夕方から強い風が吹き出して、家がゆれるほどの大嵐となりました。
 夢のお告げは、本当だったのです。

 翌朝、二人は大嵐がさった村の様子を見に行きました。
 するとさいわいな事に、村人たちの被害はほとんどありませんでした。
「あれほどの大嵐だったのに、けが人すら出ていないとは。・・・そう言えば、スズメたちが身代わりになると言っていたな」
「はい、スズメのねぐらは裏山の竹林です。行ってみましょう」
 二人は裏山の竹林に行って、びっくりしました。
 なんと数千羽にものぼるたくさんのスズメたちが、足のふみ場もないほどに死んでいたのです。
「そうか、身代わりとはこういう事だったのか」
「スズメたちよ、ありがとう」
 庄屋さんと和尚さんは手を合わせると、村人たちの身代わりになったスズメたちの冥福(めいふく)をいのりました。

おしまい

前のページへ戻る


     11月15日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
七五三
きょうの誕生花
唐橘(からたちばな)
きょうの誕生日・出来事
1990年 本郷 奏多 (俳優)
恋の誕生日占い
おてんばでいたずら好きな小悪魔的女の子
なぞなぞ小学校
山に風が吹くと、何が起きる?
あこがれの職業紹介
大使館スタッフ
恋の魔法とおまじない 320
女性運がなくなる
  11月15日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
仁王とどっこい
きょうの世界昔話
ほら吹き男爵 大砲の玉の曲乗り
きょうの日本民話
スズメの身代わり
きょうのイソップ童話
ワシとコガネ厶シ
きょうの江戸小話
お念仏とお題目
きょうの百物語
お化けキノコ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識