福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 12月の日本民話 >ガンの恩返し

12月5日の日本民話

ガンの恩返し

ガンの恩返し
青森県の民話
青森県情報

 むかしむかし、青森県の津軽半島にある十三湖(じゅうさんこ)という大きな湖の側に、一人のおじいさんが住んでいました。
 ある冬の吹雪の夜、おじいさんの家の戸をトントンと叩く者がいたので、おじいさんが戸を開けてみると、そこには一人の娘が雪まみれで立っていたのです。
「おや? この寒い中をどうした? まあ、とにかく中に入れや」
 おじいさんは娘を家の中に入れると、囲炉裏の火を大きくして娘を温めてやりました。
 おじいさんが娘を見ると、娘は足から血を流しています。
「お前さん、足を痛めているのか」
「はい。うっかり、動物を捕まえる罠を踏んでしまいました」
「そうか、それは不運な事だ。とにかく足が治るまで、ここに泊まっていなされ」
「はい。ありがとうございます」
「ほれ、めしが出来たぞ。腹いっぱい食べろや」
 おじいさんが魚汁を娘に差し出すと、娘はとてもおいしそうに食べました。
 やがて体が温まった娘は、囲炉裏のそばで眠ってしまいました。
 そして娘にふとんをかぶせてやろうと思ったおじいさんが、ふと娘を見ると、そこにいたのは娘ではなく、鳥のガンだったのです。
「そうか。足を怪我して仲間たちとはぐれてしまい、困った末に娘に化けてやってきたのか」
 おじいさんはニッコリ微笑むと、怪我をした足に薬をつけてやりました。
 それから吹雪は何日も続き、ようやく青空が見えたある日、娘はおじいさんに深々と頭を下げて言いました。
「おじいさん、長々とお世話になりました。おかげで足もすっかりよくなりました。もう旅をしても大丈夫ですから、そろそろおいとましようと思います」
「そうか、行くのか」
 おじいさんがさみしそうな顔をすると、娘は悲しそうな顔で言いました。
「今まで秘密にしていましたが、実は私、鳥のガンです」
「ああ、知っとったよ」
「そうでしたか・・・。このご恩は忘れません」
 娘はこういうとガンの姿になって、大空へと舞い上がりました。
 そして、おじいさんの家の上を名残惜しそうに三回回って、北の方へと飛んでいきました。

 それから春が過ぎて、夏が来て、秋になった頃。
 十三湖に、またガンが飛んで来るようになりました。
 おじいさんは、そのガンを見る度に、あの娘の事を思い出します。
 そんなある日、一羽のガンが、列から離れておじいさんの方へと飛んできました。
 そして口にくわえた包みを、おじいさんの目の前に落として言ったのです。
 おじいさんがその包みを拾って開けてみると、中には砂金と小さな手紙が入っていました。
 おじいさんが手紙を開けてみると、こう書いてありました。
《おじいさん。以前はありがとうございました。お身体を大切にしてください》
 それを読んだおじいさんは目に涙をうかべると、
「お前も、元気でな」
と、言って、飛び去っていくガンをいつまでも見送ったのでした。

おしまい

前のページへ戻る


     12月 5日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
バミューダ・トライアングルの日
きょうの誕生花
ポインセチア(Poinsettia)
きょうの誕生日・出来事
1985年 道端 アンジェリカ(モデル)
恋の誕生日占い
明るく前向きでパワフルな女の子
なぞなぞ小学校
石が少ない場所は?
あこがれの職業紹介
政治学者
恋の魔法とおまじない 340
料理が美味しくなるおまじない
  12月 5日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
ひょうたん1つでカモ十羽
きょうの世界昔話
雪娘
きょうの日本民話
ガンの恩返し
きょうのイソップ童話
鳥刺しとシャコ
きょうの江戸小話
こたつ
きょうの百物語
しょうじにうつる死んだ娘の影
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識