福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 12月の日本民話 >別所温泉

12月17日の日本民話

別所温泉

別所温泉
長野県の民話長野県情報

♪音声配信(html5)
朗読者 : ぬけさくのいちねん草紙

 むかしむかし、長野のある山のふもとの村から、まばゆい光が立ちのぼりました。
 そして地響きとともに地面に大きな穴が開き、そこから火柱と黒い煙が吹き出したのです。
 火柱と黒い煙は、日ごとにはげしくなっていきました。
 火柱の熱さで村の家々は火事になり、困った村人たちは都の朝廷にうったえました。
 それを聞いた天皇が、星の動きなどから物事を占う占い師に原因を占わせると、占い師は、
「これは、仏の縁(えにし)によるものです。徳の高い僧なら、火柱をしずめる事が出来るでしょう」
と、言ったのです。
 そこで天皇は、偉いお坊さんを長野の村に送りました。

 村に着いたお坊さんがお経をとなえると、黒い煙が紫色の煙に変わって紫色の雲が出来ました。
「むかしから紫色の雲は、おめでたい雲だと言われておるが」
 お坊さんはそう言うと、いっそう声をはりあげてお経をとなえました。
 すると紫色の雲の中から、光りかがやく女の仏さまが現れたのです。
 女の仏さまは、お坊さんにこう告げました。
「われは、世をすくう観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)です。
 われの像をつくって、この地にまつりなさい。
 さすれば、よい事が起こるであろう」
 観世音菩薩は言い終わると、紫色の雲とともに天にのぼっていきました。
「では、さっそく観世音菩薩さまをつくろうか」
 お坊さんは観世音菩薩像を彫り上げると、その像をお堂にまつりました。
 すると穴から吹き出していた火柱と煙がだんだん弱くなって、今度は黒くてあたたかいお湯がわき出してきたのです。

 このあたたかい湯が、のちに病気治療によく効く別所温泉になったと言われています。

おしまい

前のページへ戻る


     12月17日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ライト兄弟の日
きょうの誕生花
ベゴニア(Begonia)
きょうの誕生日・出来事
1971年 牧瀬里穂 (女優)
恋の誕生日占い
まじめでおとなしく、大人の考え方が出来る女の子
なぞなぞ小学校
家にいる女の人は?
あこがれの職業紹介
手話通訳士
恋の魔法とおまじない 352
家族円満のおまじない
  12月17日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
青テングと赤テング
きょうの世界昔話
あわれな悪魔
きょうの日本民話
別所温泉
きょうのイソップ童話
ウシと野生のヤギ
きょうの江戸小話
るす
きょうの百物語
なぞなぞ化け物
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識