366日への旅> 今日は何の日 366日への旅 記念日編 366日への旅
     12月17日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ライト兄弟の日
きょうの誕生花
ベゴニア(Begonia)
きょうの誕生日・出来事
1971年 牧瀬里穂 (女優)
恋の誕生日占い
まじめでおとなしく、大人の考え方が出来る女の子
なぞなぞ小学校
家にいる女の人は?
あこがれの職業紹介
手話通訳士
恋の魔法とおまじない 352
家族円満のおまじない
  12月17日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
青テングと赤テング
きょうの世界昔話
あわれな悪魔
きょうの日本民話
別所温泉
きょうのイソップ童話
ウシと野生のヤギ
きょうの江戸小話
るす
きょうの百物語
なぞなぞ化け物
 


366日への旅> 今日は何の日 > 12月の記念日 > ライト兄弟の日

12月17日 ライト兄弟の日

12月17日 ライト兄弟の日  イラスト 福ちゃん
記念日イメージキャラ 福ちゃん

 この日は「飛行機の日」ともいいます。
 1903(明治36)年、アメリカ・ノースカロライナ州のキティーホークで、ウィルバーとオーヴィルバーのライト兄弟が動力飛行機の初飛行に成功しました。
 4回の飛行を行い、最高記録は飛行時間59秒で飛行距離が256メートル、飛行機の名は「フライヤー1号」でした。

12月17日 ライト兄弟の日


記念日アニメ
ライト兄弟の日

飛行に関する昔話
(アラビアンナイト・千夜一夜物語 →詳細)

空飛ぶじゅうたん
福娘童話集より

空飛ぶじゅうたん

♪音声配信(html5)
音声 まちゃりんの読んだり〜の♪

 むかしむかし、インドのある王さまには、三人の王子がいました。
 王子たちの名前は、『フーセイン』、『アリ』、『アーメッド』です。
 また王さまは亡くなった兄の娘の『ヌーロニハル』も可愛がって、一緒にお城に住ませていました。

 さてある時、とても困った事がおこりました。
「ヌーロニハルと、結婚したいのです」
と、王子たちが三人とも言い出したのです。
 でも、三人と結婚するわけにはいきません。
 王さまは、考えた末に言いました。
「では、この世で一番珍しい物を見つけてきた者に、姫との結婚をゆるすとしよう」
 そこで王子たちは珍しい物を探すために別々に旅に出て、帰りに宿屋で落ち合いました。
「ほら、ぼくの珍しい物は、これだぞ」
 三人は得意になって、手に入れた物を見せ合いました。
 フーセインは、自由に空を飛べるじゅうたん。
 アリは、どんな遠いところでも見える望遠鏡(ぼうえんきょう)。
 アーメッドは、においをかぐと病気が治るリンゴでした。
 そして三人で望遠鏡をのぞくと、ヌーロニハルが病気で苦しんでいるのが見えたのです。
「大変だ! すぐに帰らないと」
 三人は空飛ぶじゅうたんに飛び乗って、お城ヘかけつけました。
 そして魔法のリンゴのおかげで、ヌーロニハルはたちまち元気を取り戻しました。
 王さまは大喜びの後、大よわりです。
 三人の持ってきた三つの品はどれも珍しい物で、どれもヌーロニハルを助けるのに役だったからです。
 考え直した王さまは、言いました。
「矢を一番遠くまで飛ばした者を、姫の婿に決めるとしよう」
 そこで王子たちは並んで、矢を放ちました。
 アーメッドの矢が一番飛んだのですが、飛び過ぎてどこかへ行って見つからないので、王さまは二番目に遠くまで飛ばしたアリを婿に決めました。
「見つからないからだめだなんて、こんなくやしい事があるもんか!」
 アーメッドはがまん出来ずに、矢を探してどんどん歩いていきました。
 矢は、山のふもとの岩の上に落ちていました。
「おやっ? 岩にとびらがあるぞ」
 アーメッドがとびらを開けると、そこには美しい姫が立っていました。
「ようこそ、アーメッドさま。わたしはぺリパヌー姫と申します」
 アーメッドは一目で、ぺリパヌー姫に心をひかれました。
 やがて二人は結婚し、幸せな月日が過ぎました。
「一度、父上に会いに行ってこよう」
 ひさしぶりにお城へ帰ったアーメッドを見て、王さまはたいそう喜びました。
「元気か?
 お前がいなくなったあと、フーセインも空飛ぶじゅうたんで旅に出てしまい、さみしいかぎりだ。
 今は、どこで暮らしているのだ?」
「それは言えません。
 その代わり、わたしは月に一度、お城へ帰ってまいります」
 これを聞きつけて、大臣が言いました。
「王さま、アーメッドさまはヌーロニハル姫と結婚出来なかったのをうらんで、今にせめて来るかもしれません」
「そんな、ばかな」
 王さまは、気にもとめませんでした。

 でもある日、そっと魔法使いにアーメッドを探させますと、魔法使いが言いました。
「王さま、大変です!
 王子さまはわたしよりずっと魔法の力がある姫と結婚して、宝石のかがやくお城に住んでいます」
 王さまは、あわてました。
「そんなにすごい魔法を使えるなら、この国を乗っ取る事など簡単であろう。
 しかしアーメッドが、そんな事をするはずが・・・」
 そこへ、大臣と魔法使いが言いました。
「いいえ、王さま。
 アーメッドさまは必ずせめてきます。
 かわいそうですが、アーメッドさまに何かを失敗させて、それを理由に処刑(しょけい→死刑)しましょう」

 次の月になりアーメッドが来た時、王さまは大臣と魔法使いに教えられた、とんでもない注文を出しました。
「わしの軍隊が全部すっぽり入ってしまい、たためば手の平に乗るような、そんなテントを持って来てくれないか」
 アーメッドはおどろいて自分の城ヘ帰り、それをぺリパヌー姫に話しました。
「お気の毒に。
 王さまはきっと、誰かにおどかされていらっしゃるのですね。
 ・・・はい、これがそのテントです」
 さすがは、力がある魔法使い。
 姫は簡単に、注文のテントをアーメッドに渡したのです。
 アーメッドはそれを持って、王さまのところヘ行きました。
 本当にテントの中に軍隊が入るのを見て、王さまのおどろいた事といったらありません。
 王さまはまた、大臣と魔法使いに教えられた無茶な事を言いました。
「ライオンの泉の水を、くんできておくれ。あれを飲むと、長生き出来るそうだから」
 アーメッドは、ため息をつきました。
 その泉には恐ろしいライオンがいて、近づく人間を食い殺すのです。
 でも話しを聞いたぺリパヌー姫は、アーメッドに言いました。
「大丈夫ですよ、アーメッド。ライオンに、ヒツジの肉を投げれば良いのです」
 アーメッドはライオンがヒツジの肉を食ベている間に、水をくむ事が出来ました。
「アーメッドは、全く不思議な力を持っている。・・・だが、まさかこれはだめだろう」
 王さまは大臣と魔法使いに教えられた、三回目の注文を出しました。
「身長が一メートル、ひげの長さが十メートルあって、とても力持ちのじいさんを連れて来てくれ」
「今度ばかりは、もうだめだ」
 前より深いため息をついたアーメッドに、ぺリパヌー姫は言いました。
「ご心配なく、アーメッド」
 そう言ったかと思うと、王さまの望み通りの人が現れました。
 驚いた事に、それは姫のお兄さんのシャイパルだったのです。
 アーメッド王子とシャイパルは、王さまのところへ急ぎました。
 そして、
「大臣に魔法使い! 王さまをそそのかしてアーメッドを殺そうとした罪は、重いぞ!」
 シャイパルは鉄の棒をビュンビュンふりまわして、その風で大臣と魔法使いを窓の外に吹き飛ばしました。
 王さまは、ハッと顔をあげて言いました。
「悪かった、アーメッド。許しておくれ」
 王さまが心からあやまると、アリもヌーロニハル姫もかけ寄って来て、心からアーメッドをむかえました。
「それにしても、フーセインもはやく戻ってくればいいのに。
 今ごろ空飛ぶじゅうたんで、どこを飛んでいるんだろう?」
 みんなはそう言って、空を見上げました。

おしまい

面影は少ないですが、ディズニーの「アラジン」にも、このお話が取り入れられています。

前のページへ戻る

今日は何の日
ミニカレンダー

<<  12月  >>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31        
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識