福娘童話集 > きょうの日本民話 福娘童話集 きょうの日本民話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの日本民話 > 12月の日本民話 >冬の竹の子

12月26日の日本民話

冬の竹の子

冬の竹の子
佐賀県の民話佐賀県情報

おりがみをつくろう ( おりがみくらぶ より)
筍の折り紙たけのこ

 むかしむかし、とても親思いの息子が、年寄りのお母さんと二人で住んでいました。
 ところがある年の冬、お母さんが病気になってしまったのです。
 息子は心配で心配で、ご飯ものどを通りません。
 昼も夜もつきっきりで、お母さんの看病をしました。

 ある雪の降る日、お母さんが息子に言いました。
「ああ、竹の子が食べたい」
 でも竹の子は春から夏にとれるもので、雪の降る季節にとれるはずがありません。
(どうしよう? でも何とかして、お母さんの願いをかなえてあげたいなあ)
 そこで息子は、お母さんに言いました。
「それじゃ、山へ行って竹の子を探して来ます」
 息子は山奥の竹やぶを見つけては、竹の子は無いかと探しましたが、やはり竹の子は一本も生えていません。
「ない、ないよ」
 でもお母さんの事を思うと、ないとわかっていても探さずにはいられないのです。
「神さま、お願いです。一本でいいから、竹の子を下さい。病気のお母さんに、食べさせてあげたいのです」
 息子は竹やぶを見つけるたびに、手を合わせました。
 そのうちに、あたりがだんだん暗くなってきました。
(仕方がない。今日は、あきらめよう)
 息子が帰ろうとした、その時です。
 なんと目の前の土がモコモコと盛り上がって、一本の竹の子が生えてきたのです。
「竹の子だ!」
 息子はむちゅうで竹の子をほり出すと、飛ぶようにして家に帰りました。

 家に帰った息子はさっそく竹の子を煮て、お母さんに食べさせてあげました。
「ああ、なんてうまい竹の子じゃ」
 お母さんは涙を流しながら、竹の子を食べました。
 すると不思議な事に、お母さんの病気がだんだんとよくなってきたのです。
 やがてお母さんの病気はすっかり治り、二人は仲良く暮らしたそうです。

おしまい

前のページへ戻る


     12月26日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
プロ野球誕生の日
きょうの誕生花
千両(せんりょう)
きょうの誕生日・出来事
1996年 山谷 花純 (女優)
恋の誕生日占い
頭の回転がはやく、金銭感覚のしっかりした女の子
なぞなぞ小学校
二位がたくさんいる県は?
あこがれの職業紹介
自然保護官・パークレンジャー
恋の魔法とおまじない 361
旅行運アップ
 12月26日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
モグラの嫁入り
きょうの世界昔話
ヒツジ飼い娘の人形と、煙突掃除屋の人形
きょうの日本民話
冬の竹の子
きょうのイソップ童話
オンドリと宝石
きょうの江戸小話
火事の炭
きょうの百物語
化け物を退治した絵のネコ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識