福娘童話集 > きょうの世界昔話 福娘童話集 きょうの世界の名作・昔話 童話・昔話・おとぎ話の福娘童話集
 


福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 5月の世界昔話 >竹になった娘

5月15日の世界の昔話

竹になった娘

竹になった娘
朝鮮半島の昔話 → 朝鮮半島の国情報

♪音声配信(html5)
音声 まちゃりんの読んだり〜の♪

 むかしむかし、タエという名前のきれいな娘がいました。
 タエはやさしいお父さんとお母さんに見守られて、スクスクと育ちました。
 ところがタエが十一歳になった時、お母さんが重い病気になって死んでしまいました。
 タエは悲しくて悲しくて、いつまでも泣いていました。
 お父さんは、小さなタエが可哀想でなりません。
 そこで新しい奥さんをもらうと、タエの世話を頼んで言いました。
「どうか、娘を可愛がっておくれ」
 新しい奥さんは、
「もちろんですとも」
と、言いましたが、心の中ではタエがじゃまでたまりません。
「なんで、こんな子のめんどうを見なくちゃならないのかしら。
 この子がいなければ、もっと好きな事が出来るのに」
 まま母はタエを見るたびに、そんな事を考えました。

 ある日、お父さんが遠いところヘ旅に出る事になりました。
「今度は長い間帰って来られないから、くれぐれもタエの事を頼むよ」
 お父さんはまま母にそう言うと、心配そうにタエを見ながら行ってしまいました。
「タエを殺してしまうなら、今だわ!」
 まま母は、恐ろしい事を思いつきました。
 おもちに毒(どく)をまぜて、タエに食ベさせるのです。
「さあタエ、お食ベ。おいしいおもちだよ」
 まま母におもちを進められて、タエは変だなと思いました。
 ふだんからまま母には、意地悪ばかりされていたからです。
「でも、せっかくお母さまがつくってくれたおもちですもの、うたがっては悪いわ。いただきます」
 タエは思い直すと、まま母にお礼を言っておもちを食べました。
 毒はあっという間にきいて、タエはその場に倒れて死んでしまいました。
 まま母は、タエの死体を家の裏の畑にうめました。
「ここなら、誰にもわからないわ」

 それからしばらくたったある日、タエがうめられたところから一本のくきが生えてきました。
 そのくきは長くのびて、細い枝と細い葉をつけました。
「あのくきを、わたしにください」
 見知らぬ男がやって来て、まま母に頼みました。
 まま母はカマでくきを切ると、その男にやりました。
 男はくきを受け取ると、笛(ふえ)にして吹き出しました。
 すると、こんな音が出てきたではありませんか。
♪お父さま、お母さま。
♪娘のタエは、殺されたの。
♪新しいお母さまに、殺されたの。
♪このくきは、わたしの骨の一本よ。
 それを聞くとまま母はブルブル体をふるわせて、男を追い払おうとしました。
 けれど男はそこらじゅうを走りまわって、笛を吹き続けました。
 ちょうどそこへ、長い間旅に出ていたお父さんが帰って来ました。
 お父さんは、不思議な笛の音を聞くと、
「これはいったい、どうした事だ?」
と、まま母や近所の人に尋ねました。
 やがて本当の事がわかると、お父さんは怒ってまま母を殺してしまいました。

 タエがうめられた場所からは、いつも同じ長いくきが生えました。
 やがて人々はそのくきをタエ(竹)と呼び、可哀想な娘を思い出すのでした。

おしまい

前のページへ戻る


     5月15日の豆知識

366日への旅
きょうの記念日
ヨーグルトの日
きょうの誕生花
カーネーション(carnation)
きょうの誕生日・出来事
1982年 藤原竜也 (俳優)
恋の誕生日占い
女子力が高く、ファッションセンスが抜群
なぞなぞ小学校
ネズミがおみくじをすると、何吉?
あこがれの職業紹介
グリーンアテンダント
恋の魔法とおまじない 136
言い伝え、写真立てが自然に倒れる
  5月15日の童話・昔話

福娘童話集
きょうの日本昔話
鉢かづき姫
きょうの世界昔話
竹になった娘
きょうの日本民話
馬坂(まさか)の行逢坂(ゆきあいざか)
きょうのイソップ童話
ライオンに恩返しをしたネズミ
きょうの江戸小話
しらみ
きょうの百物語
ギバ
福娘のサイト
366日への旅
毎日の記念日・誕生花 ・有名人の誕生日と性格判断
福娘童話集
世界と日本の童話と昔話
女の子応援サイト -さくら-
誕生日占い、お仕事紹介、おまじない、など
子どもの病気相談所
病気検索と対応方法、症状から検索するWEB問診
世界60秒巡り
国旗国歌や世界遺産など、世界の国々の豆知識